Summary

  • フランクフルトのチャンドラーが練習に復帰
  • 10月のドルトムント戦で右ひざの外側半月板を負傷
  • 年内の戦列復帰を視野に入れる

10月21日のドルトムント戦で負傷し、戦列を離れていたアイントラハト・フランクフルトのDFティモシー・チャンドラーが手術後初めて練習に参加した。

右ひざ外側半月板の手術に踏み切り、当初は戦列復帰まで2カ月を要すると見られていたが、想定よりも早くトレーニングに復帰。12月9日に行われるバイエルン・ミュンヘン戦には間に合わないものの、年内の復帰が現実味を帯びてきた。チャンドラーは今季、負傷するまで全試合にフル出場していた。