カールスルーエ戦でドイツ移籍後初のドッペルパック(1試合2得点)を記録した浅野
カールスルーエ戦でドイツ移籍後初のドッペルパック(1試合2得点)を記録した浅野
ブンデスリーガ2部

細貝萌と刺激し合いながら…浅野拓磨の挑戦は続く

かつてのチームメイトがドイツと日本でお互いを刺激し合っている。 4月9日に行われたブンデスリーガ2部第28節のシュトゥットガルト対カールスルーエ戦で浅野拓磨が2ゴールをマークし、5試合連続で勝利から遠ざかっていたチームに勝ち点3をもたらした。

浅野がゴールを挙げるのは昨年11月28日以来14試合ぶり。動き出しは鋭く、チャンスには絡むものの、ゴールだけが遠いというゲームが続いていた。それでも浅野自身はポジティブな姿勢を保っていた。3月下旬のワールドカップ アジア最終予選で日本代表に合流した際には、しっかりとした口調でこう話している。「もちろん得点は欲しいですけれど、自分のプレーに対して自信はついてきています。それを早く、結果として見せたいですね」

アジア最終予選でクラブを離れている間に環境の変化もあった。ピッチ内外で信頼を寄せてきた同じ日本人の細貝萌が、Jリーグの柏レイソルに移籍したのだ。「ハジさんもいろいろと考えて決断したと思うので、ちょっと寂しくなりますけど、一人でも頑張っている姿を見せていきたいです。チームに合流してみないと分からないですけれど、一人になったらまた違った壁があるかもしれない。それも含めて楽しみに、前向きに、やっていきます」

- © gettyimages / Matthias Hangst