Summary

  • ゼルケがライプツィヒからヘルタへ移籍
  • 移籍金はヘルタのクラブ史上最高額
  • Uー21欧州選手権で負ったケガから回復中

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンライプツィヒからデービー・ゼルケ(22)を獲得した。Uー21欧州選手権でドイツの優勝に貢献したストライカーは新天地での始動を心待ちにしている。

この夏、ゼルケには良い意味でも悪い意味でも様々な出来事が起こった。クラブ史上最高額となる移籍金でヘルタに加入し、ポーランドで開催されたUー21欧州選手権ではタイトルを手にした。しかし、自身は準決勝のイングランド戦で負傷して決勝戦を欠場。新たなチームメートたちが炎天下で練習をこなす中、ゼルケはプレシーズンのトレーニングにも出遅れることになった。

「新加入なのに見ているだけなのはつらいよ。選手はピッチの上にいてこそ、お互いのことをよく知るようになるからね。だからできるだけ早く練習に完全合流したい。でも、練習できるかどうかはチームの医療チームが決めることだ。ここまでの2週間、選手たちはよくトレーニングしてきた。僕も追いつかなければならない」

本人ははやる気持ちを抑えられない様子だが、考え方はいたってポジティブだ。「すべてがいい感じだ。非常に温かく迎えてもらったし、家族的な雰囲気だね。住む場所もすでに決まった。ホテル住まいが好きではないから、いつもすぐに家を探すようにしているんだ。まだチームメートの前で歌わされていないけど、逃げることはできないだろうね(笑)」

ゼルケはホッフェンハイムのユースから2013年にブレーメンに加入。ブレーメンで2シーズンを過ごした後、ライプツィヒでも2シーズン過ごした。チーム加入の“儀式”で披露するパフォーマンスを磨く機会はこれまでにたっぷりとあったはずだ。

© gettyimages / Adam Nurkiewicz

昨季はブンデスリーガで4ゴールに終わったが、ゼルケはパル・ダールダイ監督の下で大きな進歩を遂げたヘルタに貢献したいと思っている。「できるだけ早くピッチに戻ってチームを助けたい。ヘルタはここ数年ですごく強くなったチームだ。チームメートのことを知りたいね。そして成功したと言えるようなシーズンになるよう貢献したい」

「僕にとっては新しいステップ、新しいクラブ、新しい環境、新しい仕事のやり方、そして新しい町だ。始動が楽しみだし、いろんなことを知りたいと思う」