0ー2で敗れたライプツィヒだが2戦合計は3ー3。アウェーゴールの差でナポリを破りEL16強進出を決めた - © imago / Picture Point
0ー2で敗れたライプツィヒだが2戦合計は3ー3。アウェーゴールの差でナポリを破りEL16強進出を決めた - © imago / Picture Point

ライプツィヒがEL16強へ、アウェーゴール差でナポリ撃破

欧州リーグ(EL)ラウンド32第2戦が2月22日に行われ、ライプツィヒは本拠地でナポリ(イタリア)と対戦し、0ー2で敗れた。 ライプツィヒ 0ー2 ナポリ

立ち上がりにチャンスを迎えたのはホームのライプツィヒ。10分、縦パスを受けたブルマが4人に囲まれながら巧みなキープでこれをかわし、左から狙うも枠を捉えきれない。さらに14分にも、ザビッツァーのシュートをトネッリが頭でブロック。ボールはGKレイナの反応とは逆の方向へ飛んでいったが、これはクロスバーに弾かれてしまう。

すると33分、裏へ抜けたインシーニェがペナルティーエリア左からシュートを放つと、グラシがセーブしたこぼれ球をジエリンスキがネットへ押し込み、ナポリが先制点。さらに終了間際の86分には、カジェホンのセンタリングにインシーニェが合わせ追加点を奪った。

しかしこのまま試合は終了。2戦合計3ー3となったものの、アウェーゴールの差でライプツィヒが勝利し、ラウンド16進出を決めている。

- © imago