コラジナッチは今季、不調に苦しんだシャルケで大きな成長を遂げた - © gettyimages / Lennart Preiss
コラジナッチは今季、不調に苦しんだシャルケで大きな成長を遂げた - © gettyimages / Lennart Preiss
ブンデスリーガ

シャルケの希望の星

今季はシャルケサポーターが大歓声を挙げる機会が限られていたが、セアド・コラジナッチのプレーに心躍らせる機会は多かったはずだ。シャルケはこの7シーズンで初めて欧州カップ戦の出場権を逃した。そんな苦しいシーズンにあって、コラジナッチは輝きを放った数少ない選手の一人だ。

コラジナッチは2012/13シーズンの第3節にトップデビューを果たしたが、すぐにレギュラーに定着できたわけではなかった。また、2014/15シーズンには開幕時に膝を負傷して長期離脱。それでも彼はシャルケで辛抱強くチャンスを待ち続け、ついにブレイクの時を迎えた。

恵まれた体格と戦闘的なプレースタイルから、ボスニア・ヘルツェゴビナのサポーターには「ブルドーザー」というニックネームで呼ばれる。また、シャルケのイェンス・ケラー元監督には「木のようだ」とも言われたが、今季はその並外れたフィジカルの強さで対戦相手を圧倒している。

当初は疑問符がついていた攻撃参加も、今季は新たな境地を開拓。正確なクロスで数多くのチャンスを作るとともに、自らも積極的にゴールを狙っている。シャルケでコラジナッチよりゴールを決めた選手はわずか4人。しかも、全員が攻撃的な選手だ。また、ここまで5アシストは、DFとしてはドルトムントのラファエル・ゲレイロに次ぐ数字である。

- © gettyimages / Lukas Schulze

2016/17 ベストイレブン投票はこちら