元監督のステフェンス氏は最多の票を集めシャルケの取締役就任が決定した - © imago / Kirchner-Media
元監督のステフェンス氏は最多の票を集めシャルケの取締役就任が決定した - © imago / Kirchner-Media
ブンデスリーガ

ステフェンス氏がシャルケの取締役に就任

シャルケの会員総会が6月3日に行われ、かつて同クラブで300試合以上指揮を執ったフープ・ステフェンス氏が新取締役に選ばれた。

アンドレアス・ホーン、トーマス・ウィーゼの両取締役が任期を満了するため行われたこの選挙には、再選を目指すウィーゼ氏の他、ステフェンス氏、モーリッツ・デアネマン氏、イロナ・カロリ氏ら4人が立候補。その結果、最多の6529票を集めたステフェンス氏と、4379票のデアネマン氏が新たに同職に就くことが決定した。

落選となったウィーゼ氏は3227票、イロナ氏は850票だった。