ヘルタのシーバー(左)、ライプツィヒのケイタとバーク(中)、レーバークーゼンのポーヤンパロ(右)はいずれも途中出場で特大のインパクトを残した - © imago
ヘルタのシーバー(左)、ライプツィヒのケイタとバーク(中)、レーバークーゼンのポーヤンパロ(右)はいずれも途中出場で特大のインパクトを残した - © imago
ブンデスリーガ

ジョーカーたちの活躍でブンデスリーガ新記録が誕生

ナビ・ケイタ、ヨシュア・キミッヒ、ニルス・ペーターセン、ジョエル・ポーヤンパロ、ユリアン・シーバー、サンドロ・シリグ、アダム・ソロイ、マーク・ウト。彼らに共通するのは週末のリーグ戦で途中出場からゴールを決めたことだ。

では、ユリアン・ブラント、オリバー・バーク、ラースロー・クラインハスラー、そしてペーターセンに共通していることは? そう、こちらは途中出場からアシストをマークした選手たちだ。第2節はまさに“ジョーカー”が大当たりの節だった。

中でも飛び抜けた活躍を見せたのがレーバークーゼンのフィンランド代表FWポーヤンパロだ。ポーヤンパロはハンブルガーSV戦の72分にピッチに入ると、短時間でハットトリックを達成。さらに1点目をアシストしたのは同じく途中出場のブラントだった。チームは3-1で逆転勝ち。ロガー・シュミット監督の采配がズバリ的中した格好だ。

- © gettyimages / Simon Hofmann