シュートアシスト数のトップはアウクスブルクの左サイドバックを担うマックス - © imago / Eibner
シュートアシスト数のトップはアウクスブルクの左サイドバックを担うマックス - © imago / Eibner
ブンデスリーガ

シーズン序盤戦、シュートアシスト数トップ5

2017/18シーズンのブンデスリーガは7試合を消化し、今季2度目のインターナショナル・ウィークに入った。10月13日のリーグ再開まで、シーズン序盤戦の様々な数字をランキング形式で紹介。第3回はシュートアシスト数のトップ5をまとめた。

栄えある1位に輝いたのは、9月30日のドルトムント戦でカイユビの同点弾をアシストしたアウクスブルクのフィリップ・マックスだ。左サイドバックのマックスはその正確なクロスでここまでリーグ2位の3アシストをマーク。彼の左足から計25本のシュートが生まれている。

2位は世界トップクラスの右サイドバックへの歩みを進めているバイエルン・ミュンヘンのヨシュア・キミッヒだ。ここまでリーグ1位のクロス33本、リーグ3位の3アシストを記録。昨季限りで引退したフィリップ・ラームの後継者として、積極的な攻撃参加で絶えずゴール前へラストパスを供給している。

- © imago