浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは1月29日、タイフン・コルクト氏が監督に就任したことを発表した。契約は2019年6月末まで。同クラブは前日にハネス・ウォルフ監督を解任していた。

コルクト氏はシュトゥットガルト出身の43歳で、2011年には同クラブU-19を率いていた。その後はトルコ代表のアシスタントコーチになり、2014年1月から2015年4月まではハノーファーの監督を務めた。当時、同監督の下で清武弘嗣(現セレッソ大阪)と酒井宏樹(現マルセイユ)がプレーしている。また昨季は3月からシーズン終了までレーバークーゼンを指揮していた。