今季シュトゥットガルトの監督に就任したルフカイはわずか3カ月足らずで退任 - © imago / Pressefoto Baumann
今季シュトゥットガルトの監督に就任したルフカイはわずか3カ月足らずで退任 - © imago / Pressefoto Baumann
ブンデスリーガ2部

シュトゥットガルトのルフカイ監督が退任、新監督にヤンゼン氏

浅野拓磨と細貝萌が所属するシュトゥットガルトは9月15日、ヨス・ルフカイ監督(53)との契約を双方合意の下で解消した。後任にはオラフ・ヤンゼン(49)がアシスタントコーチから昇格する。

シュトゥットガルトはブンデスリーガ優勝5回を誇る名門だが、昨季のブンデスリーガで17位に終わり、1975/76シーズン以来2度目となる降格を余儀なくされた。1部復帰を目指してオランダ人のルフカイを招へいしたが、わずか3カ月足らずでの監督交代劇となった。チームはブンデスリーガ2部の4試合を終えて2勝2敗の9位と、期待されたような結果を残せていなかった。