Summary

  • ブンデスリーガ第26節3日目、シュトゥットガルト対ライプツィヒ
  • スコアレスドローで終了、シュトゥットガルトはこれで6戦負けなし
  • 浅野はベンチ外

ブンデスリーガ第26節3日目が3月11日に行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトライプツィヒと本拠地で対戦し、0ー0で引き分けた。浅野はベンチ外だった。

シュトゥットガルト 0ー0 ライプツィヒ

攻撃陣が停滞していた前半に比べ、後半は前への圧力を強めた両チームだったが、シュトゥットガルト11本、ライプツィヒ9本のシュートも得点にはつながらなかった。

ともに勝ち点1を獲得する結果となったものの、シュトゥットガルトはアウクスブルクに抜かれ10位に転落。ライプツィヒは変わらず6位のままとなっている。

© gettyimages

【得点】

シュトゥットガルト:なし
ライプツィヒ:なし

【ラインナップ】

シュトゥットガルト(4ー4ー2)
ツィーラー;ベック、パバール、バートシュトゥーバー、インスア;トミー(76分 アコロ)、アスカシバル(85分 カミンスキ)、アオゴ、ゲントナー;ギンツェック(90+1分 マンガラ)、ゴメス

ライプツィヒ(4ー4ー2)
グラシ;クロースターマン、コナテ、オーバン、ベルナルド;ザビッツァー、デメ、ケイタ、ルックマン(46分 ブルマ);パウルゼン(64分 フォースベルク)、ウェアナー(77分 オギュスタン)