ケルンの監督を解任されてからわずか1週間、シュテーガー氏はドルトムントの新監督に就任した - © © imago / Horstmüller
ケルンの監督を解任されてからわずか1週間、シュテーガー氏はドルトムントの新監督に就任した - © © imago / Horstmüller
ブンデスリーガ

シュテーガー監督について知っておきたい5項目

ドルトムントの新指揮官に就任したペーター・シュテーガー監督はどのような経歴の持ち主なのだろうか。豊富な経験を備えた熱心な戦術家に関して知っておくべき項目を以下にまとめた。

1)成功を収めた選手時代

シュテーガー監督はオーストリアのウィーン出身。現役時代は溢れる闘志と確かな戦術眼を備えたMFとして、リーグ戦527試合に出場、125得点を挙げている。オーストリア・ウィーンではリーグ優勝とリーグカップ優勝を3回ずつ経験。また、オーストリア・ウィーンのライバルチームであるラピド・ウィーンでもリーグタイトルを獲得している。1996年にはブリュッセルで行われたUEFAカップウィナーズカップ決勝に進出するも、パリ・サンジェルマンに敗れた。

2)オーストリア代表

1988年のスイス戦でオーストリア代表デビューを飾り、レギュラーとして65試合15得点を記録。1998年のフランス・ワールドカップではグループステージのカメルーン戦とイタリア戦に出場している。

- © gettyimages
- © imago / Eibner
- © gettyimages / Christof Koepsel