サンチョは1月14日のウォルフスブルク戦でブンデスリーガ初先発を飾った - © imago / Revierfoto
サンチョは1月14日のウォルフスブルク戦でブンデスリーガ初先発を飾った - © imago / Revierfoto
ブンデスリーガ

シュテーガー監督がサンチョを称賛「本当に質の高い選手」

2017/18シーズン後半戦の初戦でドルトムントの17歳のアタッカー、ジェイドン・サンチョがブンデスリーガの舞台で初めてスターティングメンバーに名を連ねた。ドルトムントのサポーターはこれから何度となくサンチョのプレーを見る機会に恵まれることだろう。

サンチョはウィンターブレーク中にマルベーリャで行われた2部デュッセルドルフとの練習試合に先発出場していたが、公式戦では1月14日に行われた第18節のウォルフスブルク戦が初の先発出場。この試合で見せたサンチョのパフォーマンスをペーター・シュテーガー監督が称賛している。

「ジェイドンはトレーニングキャンプにしっかり参加できていた。先発出場は彼にとっていいステップだったと言える。まだゴール前でのパフォーマンスが完成されているとは言えないが、本当に質の高い選手だ」

- © imago
- © imago