アヤックスのホームで行われたEL準々決勝第1戦は、シャルケが0ー2で敗れている - © gettyimages
アヤックスのホームで行われたEL準々決勝第1戦は、シャルケが0ー2で敗れている - © gettyimages
ブンデスリーガ

シャルケ、アヤックスに完敗

4月13日、欧州リーグ(EL)準々決勝ファーストレグが行われ、内田篤人が所属するシャルケは敵地でアヤックス(オランダ)と対戦し、0ー2で敗れた。内田はベンチ外だった。

アヤックス 2ー0 シャルケ

立ち上がりから主導権を握るのはホームのアヤックスだった。

まずは12分、左からのセンタリングをカリジュリがクリアするも距離が短く、ペナルティーエリア外からファンデベークに豪快なミドルシュートを放たれる。GKの手前でバウンドする難しいボールだったが、シャルケの守護神フェアマンがセーブした。

22分にはユネスがボールを持ち、ケーラーとシェプフに囲まれるもドリブルで間を突破。そしてペナルティーエリアに入ったところでシェプフがユネスを倒してしまい、アヤックスにPKが与えられる。

この絶好機を23分、10番クラーセンがきっちりとネットに沈め、アヤックスが先制点を奪うことに成功した。

31分、アヤックスの左CKがファーサイドに流れ、再び右からセンタリング。ゴール前に残っていたCBサンチェスが頭で合わせたが、ボールはシャルケゴールのクロスバーを叩いている。

- © imago / Revierfoto
- © gettyimages