Summary

  • シャルケのエース、ブルクスタラー独占インタビュー
  • 昨シーズンはチームトップの11得点
  • CLも戦う今季に向けて抱負を語った

昨シーズン2位に入り、4年ぶりに欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したシャルケは、7月29日からミッタージル(オーストリア)で合宿を行っている。当サイト独語版は、キャンプへ向かう直前に同クラブのエース、ギド・ブルクスタラーとの独占インタビューを敢行。来たるシーズンに向けて、抱負を語ってもらった。

――オーストリアでの合宿も間もなく始まります。

ブルクスタラー プレシーズンの練習はもちろん常にハードなものです。しかし我々は全員、長い間この世界にいますし、リーグ優勝に向けてコンディションを上げていくことは必要不可欠なんです。

――あなたは故郷のオーストリアでシーズンオフを過ごしましたが、今回の合宿も祖国で行われます。オーストリアでの合宿となれば、あなたにとっては少なからず居心地の良いものになるのでしょうか?

ブルクスタラー キャンプが私の母国で行われるのは、私にとっては素晴らしいことですね。しかし今回は休暇を過ごすためではなく、チームメートとシーズン開幕に向けてコンディションを上げるために行くのです。もちろんオーストリア料理が食べられるのはうれしいことですが(笑)しかし本音を言えば、どこで合宿が行われるかは関係ありません。練習環境やホテルが良ければ、どんな合宿でも楽しいものですよ。

© imago / China Foto Press

――昨季終了後にオーストリア代表での活動があったあなたは、今夏の中国遠征には帯同しませんでした。しかし昨年はシャルケのメンバーとともに中国遠征へ出かけましたね。ブンデスリーガクラブが中国で活動することについて、どうお考えですか?

ブルクスタラー 中国はサッカーに熱狂している国で、シャルケだけでなく他のブンデスリーガクラブもよく知られています。ブンデスリーガにとっては非常に大きなマーケットだと思いますし、ウィン・ウィンの関係なのではないでしょうか。

――今季はCLにも出場します。プレミアリーグ、セリエA、スペインリーグのクラブと対戦することについて、どれくらい楽しみですか?

ブルクスタラー CL出場権を得られたことを誇りに思いますし、試合が楽しみで仕方ないです。良い結果を残すために、合宿で激しいトレーニングを行う必要があります。ただし、我々にとって最も大事なのがブンデスリーガであることを忘れてはなりません。

――リーグ戦、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)、CLという3つの大会を戦っていくことは、肉体的にも新たな挑戦ということになりそうです。

ブルクスタラー 3~4日に1試合を戦うことは、もちろん簡単ではありません。しかし練習“だけ”の日々よりも、はるかに良いことですよ(笑)いずれにしても、3つの大会を戦っていくことについて心配はしていません。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Alexander Scheuber

――戦力も充実している、と?

ブルクスタラー 近年よりもさらに厚い戦力を持っている、と私は確信しています。監督は選手個々への細かい負荷のかけ方も熟知しています。非常に良い準備ができていると思いますよ。

――昨季の準優勝クラブとして、今シーズンを迎えます。

ブルクスタラー しかし地に足をつけていかなければなりません。確かに昨季は、多くのことがうまく運んだ素晴らしいシーズンでした。その再現を目指したいですが、決して簡単ではありません。来シーズンも欧州カップ戦に出場できるよう、良い順位を獲得したいです。しかし最終的にどんな順位で終わるかは、予想できません。

――昨季のシャルケは特に守備が良かったですね。チーム全員で組織的に守ることができました。

ブルクスタラー 非常にコンパクトな陣形を保ちながら良い守備をしていたと思います。対戦相手も、我々と戦うのは難しかったでしょう。前線の選手が積極的にプレスをかけ、最終ラインにはトップクラスのDFが揃っていますからね。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

――FWとしては、もう少し攻撃的に戦いたいという思いもあるのでしょうか?

ブルクスタラー もちろんFWであれば「5-2で勝つよりも6-2で勝ちたい」、「その試合で3得点を決めたい」と思うのは当然です。しかし我々にはナルドやカリジュリのような、多くのアシストやゴールを記録できるDFもいます。我々が常にスペクタクルな試合をできたとは思いません。しかし、いつもそのような試合をしなければいけない、というわけでもありません。重要なのは、チーム全員が目標に向かって貪欲に戦っていくことであり、ピッチの上で何をすべきかを分かっていることです。

――バイエルン・ミュンヘンはシャルケより21ポイント多く獲得して昨シーズンを終えました。今シーズンのブンデスリーガは、果たして面白いリーグとなってくれるでしょうか?

ブルクスタラー その質問に答えるのは難しいですね。バイエルンが優勝候補の筆頭であることは、言うまでもありません。しかし彼らにも弱点はあります。そして他のクラブが高いパフォーマンスを何カ月も続けていく可能性もあります。しかしバイエルンの立場を危うくするためには、多くの条件がベストのタイミングでかみ合う必要があります。