シャルケに今夏就任したテデスコ監督。ホッフェンハイムのナーゲルスマン監督と同時期にプロ指導者ライセンスを取得した - © © gettyimages / Lukas Schulze
シャルケに今夏就任したテデスコ監督。ホッフェンハイムのナーゲルスマン監督と同時期にプロ指導者ライセンスを取得した - © © gettyimages / Lukas Schulze
ブンデスリーガ

テデスコ監督「サッカーとは情熱そのもの」

第7節が終了し、3勝1分3敗――ドメニコ・テデスコ新監督に率いられるシャルケは、まだ今一つ波に乗り切れておらず、9月29日に行われたレーバークーゼン戦も1ー1の引き分けに終わってしまった。そんな中、当サイト独語版は先週、同監督との独占インタビューを敢行。これまでのキャリア、指揮官としての哲学など、様々なことについて語ってもらった。

――まだ32歳になったばかりのあなたですが、5カ国語を話し、経営工学の学士とイノベーション・マネジメントの修士を取得、さらにメルセデス・ベンツ社で働き、ドイツサッカー連盟(DFB)のプロライセンス試験をトップの成績でクリアしました。おそらく多くの人は「約10年間で、どうやったらそれだけのことをやってのけるのか?」と思っているはずです。

テデスコ監督 最も必要とされるのは、規律を持つことではないでしょうか。もし大学での勉強と指導者ライセンス取得を同時進行させたければ、金曜や土曜の夜に頻繁に遊びに出かけることは許されません。いくつかのことを諦めなければならないのです。

――複数の学位も取っていますし、あなたにはきっと色んな扉が開かれていたはずです。それなのになぜ、一般的な仕事よりも不安定な今の仕事を選んだのでしょうか?

テデスコ監督 私にとってサッカーとは情熱そのものであり、終わりのない楽しさを与えてくれるものだからです。昔からずっと、サッカー界で仕事をしたいと思っていました。当時は、(そこがサッカー界であれば)職種はどうでも良かったですね。

- © gettyimages / Christof Koepsel
- © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos
- © gettyimages / Alexander Scheuber