Summary

  • シャルケのシェプフ、2021年6月まで契約延長
  • 「このクラブは本当に居心地が良い」

シャルケは2月15日、同クラブに所属するアレサンドロ・シェプフとの契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

これについてシャプフは「シャルケのユニフォームを着ることは私にとって誇りです。このクラブは本当に居心地が良く、この先もその一員でいられることになって本当にうれしく思っています」とコメントしており、ドメニコ・テデスコ監督も「シェプフはほとんどすべてを備えた選手です。非常に勤勉で、毎試合何kmも何kmも走り抜いてくれます。技術も非常に高く、相手のゴールにとっては危険で、人間的にも素晴らしい選手です」と話した。

オーストリア代表にも名を連ねるシェプフは、2015/16シーズン冬にニュルンベルクからシャルケへ完全移籍。これまで公式戦68試合出場11ゴールの成績を収めている。