シャルケは敵地でレーバークーゼンに勝利し今季4度目の連勝を飾った - © imago
シャルケは敵地でレーバークーゼンに勝利し今季4度目の連勝を飾った - © imago
ブンデスリーガ

シャルケが約3カ月ぶりの連勝

ブンデスリーガ第24節3日目が2月25日に行われ、レーバークーゼンは本拠地でシャルケと対戦し、0ー2で敗れた。 レーバークーゼン 0ー2 シャルケ

試合が動いたのは11分、カリジュリが自陣からロングパスを前線に送ると、ブルクスタラーがレツォスをかわしてシュート。これが決まりシャルケに先制点がもたらされる。さらに38分、コアが早くも2枚目のイエローカードを受けて退場し、レーバークーゼンは前半のうちから劣勢を強いられることに。

終了間際の86分には、最終ラインの裏へ抜け出したエンボロをレツォスが倒してしまい、シャルケにPKが与えられると、ベンタレブが冷静にネットへ蹴り込み追加点。このまま逃げ切りに成功したシャルケが勝ち点を40に伸ばし、来季欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて一歩前進している。

- © gettyimages / Christof Koepsel/Bongarts