Summary

  • ブンデスリーガ2部第11節3日目、ザンクト・パウリ対キール
  • キールが敵地で1ー0勝利
  • 宮市は58分から出場、奥川は先発から89分までプレー

ブンデスリーガ2部第11節3日目が10月28日に行われ、宮市亮が所属するザンクト・パウリは本拠地で奥川雅也のキールと対戦し、0ー1で敗れた。宮市は58分から途中出場、奥川は89分までプレーした。

ザンクト・パウリ 0ー1 キール

スコアレスのまま後半に入ると57分、キールがチャンスを迎える。キンソンビが右から中へ持ち替え、左足を振り抜いたものの、ボールは枠に弾かれてしまう。その2分後には、右サイドを駆け上がったデームのセンタリングをゴール前のセッラが頭で押し込み、キールが先制に成功した。

ザンクト・パウリも89分、裏へ抜け出したアラギがGKクロンホルムの上を越すループシュートを放ったが、クロスバーをかすめながら枠の外へ流れた。

このままキールが逃げ切り、敵地で勝ち点3を獲得。ザンクト・パウリは今季4敗目を喫し、首位浮上の機会を逃してしまった。

【得点】

ザンクト・パウリ:なし
キール:セッラ(59分)

【ラインナップ】

ザンクト・パウリ(4ー2ー3ー1)
ヒンメルマン;ドゥジアク、ツィーアアイス、アベボア、ブバラ;フルム(75分 ゼヒル)、クノル;シャヒン(58分 宮市)、メラーダーリ、ノイデッカー(66分 フェーアマン);アラギ

キール(4ー3ー3)
クロンホルム;デーム、シュミット、ヴァール、ファンデンベルク;ミューリング、メッファート、キンソンビ;シンドラー(69分 メルシェル)、セッラ(76分 カラゾル)、奥川(89分 テスカー)