- © © FC Augsburg
- © © FC Augsburg
ブンデスリーガ

サッカー選手と考えるこれからの社会

アウクスブルクのホームスタジアム「WWKアレーナ」のプレスルームで、GKアンドレアス・ルーテが子どもたちに問いかけた。「身に危険が迫っている生活を想像できる? 家族の命が脅かされていたら? その中で逃げることができるとしたら、君ならどうする?」

ルーテは前所属のボーフム時代にチームメートだったヨナス・エルメスと共同で、様々な事情でドイツにやって来た子どもたちをサッカーを通じて支援するプロジェクト“in safe Hands”を立ち上げ、学校訪問などピッチを離れたところで様々な活動を行っている。

今回はその一環として、アウクスブルクの“Kids Club”(6歳~13歳を対象とした会員制ファンクラブ)を招いた催しを実施。「20人くらいの子どもとたちとその両親を招いて、インテグレーション(統合政策)や難民の人権問題といったテーマについて、活発に意見交換をしたんだ」。そう言ってルーテは初めての試みがうまくいったことを喜んだ。

いつもなら記者で埋まるプレスルームに集まった10歳から13歳の子どもたちは、90分にも及ぶ会の中で、難民を生み出している背景やギリシャの難民キャンプ、各国の受け入れ体制などについて学んだ。

- © FC Augsburg