Summary

  • ブンデスリーガは3月31日〜4月9日の10日間で計27試合が行われる
  • ルールダービーやデア・クラシカーなど注目カードが目白押し
  • ブンデスリーガの情熱、より多くのゴールを体感するチャンス

インターナショナルウィークによる今季最後の中断期間が終了し、3月31日から再び我々の下にブンデスリーガの熱気が戻ってくる。

再開初戦となる第26節に続き、第27節が来週のミッドウィークに開催されるため、3月31日から4月9日までの10日間でブンデスリーガのゲームはなんと計27試合。しかも、その27試合には公式戦通算150回目となるシャルケドルトムントのルールダービー(4月1日開催)や、バイエルン・ミュンヘン対ドルトムントの伝統の一戦、“デア・クラシカー”(4月8日開催)も含まれる。

当サイトでは第26節から第28節が行われる10日間を“ゴールマニア”と銘打ち、これまで以上にブンデスリーガの魅力、そしてサッカーの醍醐味である得点シーンにスポットライトを当てていく。

スリリングな試合展開、国内外のスター選手、若い才能、そしてより多くのゴール……。この10日間でブンデスリーガの真髄を体感せよ!

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA