Summary

・ウォルフスブルク所属ゴメスに復調の気配

・ヨンカー監督の下ではリーグ通算7試合で計11ゴール

ウォルフスブルクに所属するマリオ・ゴメスが、かつての輝きを取り戻しつつある。すでに今季第16節から第18節まで3試合連続得点を記録した同選手は、前節ライプツィヒ戦、そして武藤嘉紀が所属するマインツとの前々節でも1ゴールずつマークしている。

ゴメスが今後も得点を量産する可能性は、決して低くない。その理由は、アンドリース・ヨンカー監督にある。今年2月末、バレリアン・イスマエル前監督からバトンを受け継いだヨンカー監督は、2010/11シーズン終盤、ルイ・ファンハール監督解任を受け、バイエルン・ミュンヘンの暫定指揮官に就任した過去を持つ。翌シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場が危ぶまれていた同クラブだが、ヨンカー監督の就任から息を吹き返し、見事その出場権を獲得している。

そこで活躍したのは、他でもないゴメスだった。同監督の就任からシーズン終了まで5試合連続得点を決め、そのうち3ゴールは2回と、計9回もネットを揺らした。そしてウォルフスブルクで2人が再会すると、先述のように同選手は2試合連続でゴール。ヨンカー監督にとってゴメスは「最も頼れるストライカー」であり、ゴメスにとってのヨンカー監督は「自分の長所を引き出してくれる」存在なのだ。

© imago / Christian Schroedter

ゴメスは言う。

「彼は攻撃に重きを置いています。もちろんFWにとっては非常に良いことです。私とヨンカー監督のジンクスがこの先何カ月も続いたら、とてもすごいことですよね」

次節は最下位ダルムシュタットとの一戦。果たしてブンデスリーガの隠れた最強コンビは、ウォルフスブルクに3試合連続で勝ち点をもたらすことができるだろうか。