Summary

  • コンフェデレーションズカップ、GL初戦オーストラリア対ドイツ
  • 試合後のドイツ代表関係者コメント集

FIFAコンフェデレーションズカップ2017、Bグループの第1戦が6月19日に行われ、ドイツ代表はオーストラリア代表と対戦し、3ー2で勝利した。試合後のドイツ代表関係者コメントは以下の通りとなっている。

【ヨアヒム・レーフ監督】

勝利したことは、次につながっていきます。走るコースや周囲とのコンビネーションなど、前半の内容は非常に良かったですね。悪い点を挙げるのならば、多くのチャンスを得点に結び付けられなかったことです。60分を過ぎてからはリズムを失い、前へ出ていく力がなくなってしまいました。しかし選手は高いクオリティーを出して戦ってくれました。彼らの頑張りには、非常に満足しています。選手らはこの大会を「自分たちの大会にしたい」と考えています。チームワーク、そしてチームスピリットは非常に良いですね。次の相手であるチリ代表は、テクニックにおいても、戦術においても、世界でベストなチームの1つです。90分間をどのように戦えるか、それを学ぶことが重要です。チリ代表のテンポにしっかりとついていかなければなりません。

【ユリアン・ドラクスラー】

前半は、チャンスをもっと決めなければいけませんでしたし、後半は自分たちのサッカーができなくなってしまいました。このようなことは起こってはならないことです。しかし初戦では、勝利こそが最も大事なものです。次の試合ではもっと良くなると思いますが、次はチリ代表が相手です。したがって自分たちを改善することは、必要不可欠です。

© gettyimages / Alexander Hassenstein

【ヨシュア・キミッヒ】

前半は多くのチャンスを作り出しましたが、しかし2ー1というスコアではいけません。それに3点目を奪ったすぐ後に失点してしまったのも、あってはならないことです。チリ代表との試合では、今日のように多くのミスをすることは許されません。前線でもっと効率良くプレーすることが求められます。

【ユリアン・ブラント】

すべてがうまくいったわけではありませんが、それは普通のことですし、今日の勝利はポジティブなものだと捉えています。前半のうちに3ー1、もしくは4ー1にすることができましたが、これからまだチームが良くなっていくことを信じています。チリ代表はワールドクラスのチームです。今日のような試合内容では、きっと厳しい試合になるでしょう。