Summary

  • バイエルンがプレシーズンスタート
  • 練習に先立ちコバチ監督が就任会見
  • 「私の前には多くの仕事がある」

バイエルン・ミュンヘンは7月2日、2018/19シーズン開幕に向けて始動した。

練習に先立って行われたニコ・コバチ新監督の就任会見で、同監督は「この任務が始まるのを楽しみにしていますし、私を監督に選んでくれたことをうれしく思います。その信頼にぜひ応えたいですね。シーズンを戦う上で必要となるフィットネスを鍛え、テクニックも戦術もさらに良くしていきたいです。またオプションとなるシステムも導入していきたいと考えていますので、私の前には多くの仕事があります」と話した。

コバチ監督は現役選手だった2001年から2003年までをバイエルンで過ごしており、「ここでは常に成功が求められていることも、すでに私は分かっています」としながらも、「そのための準備はできています。すべての面でチームをレベルアップさせたいですし、それがうまくいけば1つ、もしくはさらなるタイトル獲得も可能でしょう」と続けた。