ドルトムントと1860ミュンヘンで活躍したコニーツカ氏はブンデスリーガ通算100試合出場72得点の記録を持つ - © © imago
ドルトムントと1860ミュンヘンで活躍したコニーツカ氏はブンデスリーガ通算100試合出場72得点の記録を持つ - © © imago
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ得点第1号、歴史に名を刻んだコニーツカ氏

ゲルト・ミュラーに肩を並べる存在

彼がその名を歴史に刻むまで、1分とかからなかった。1963年8月24日、産声を上げたばかりのブンデスリーガ、その開幕節ブレーメン戦で、ドルトムントに所属していたティモ・コニーツカ氏はキックオフからわずか58秒後、記念すべき同リーグ創設1ゴール目を決めたのだった。

ドルトムントの伝説的プレーヤー、ローター・エメリッヒ氏が左から入れたセンタリングを、コニーツカ氏がゴールに結びつけたそのシーンの映像は、残念ながら存在していない。なぜなら当時、TVカメラはスタジアムに設置されておらず、同氏の回顧によれば「カメラマンはみんな我々のゴール裏にいたんです。みんな、ブレーメンが最初に得点を決めると予想していた」ためだ。

その後、1860ミュンヘンでもプレーしたコニーツカ氏は、ブンデスリーガ通算100試合で72ゴールをマーク。かつて「私はPKもFKも蹴っていませんでした。私よりも得点率が高かったのはゲルト・ミュラーだけですよ」と自画自賛していたように、彼はブンデスリーガ創成期におけるベストストライカーの1人だった。

- © imago / imago/Ferdi Hartung
- © imago / Ferdi Hartung
- © Lars Baron