Summary

  • 長谷部と鎌田のフランクフルト、コスティッチを獲得
  • 酒井と伊藤の2部ハンブルクから期限付きで
  • ハンブルクとシュトゥットガルトでリーグ戦120試合に出場

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは8月20日、酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガーSVからフィリップ・コスティッチを期限付き(買い取りオプション付き)で獲得したと発表した。

フランクフルトでスポーツディレクターを務めるブルーノ・ヒュープナー氏は「我々にとって必要なタイプの選手を獲得できました。技術とスピードがあり、ゴールに向かっていくのが彼のスタイルです。フィリップが持つクオリティーは、ドイツ全土のサッカーファンに知られており、すぐにチームの力になってくれると確信しています」とコメント。フレディ・ボビッチ取締役も「彼は自分に何ができるかを、これまでブンデスリーガで証明してきましたし、ヒュッター監督が求める戦術に必要とされた選手です。さらにFIFAワールドカップ・ロシア大会に出場するなど、経験も豊富です。彼の加入で、我々のフレキシビリティーはさらに高まるでしょう」と語った。

コスティッチはこれまで、シュトゥットガルトとハンブルクでブンデスリーガ120試合に出場し、17得点18アシストを記録。セルビア代表としては26試合に出場している。