Summary

  • ドルトムントのゲレイロが左足首の骨折から約4カ月ぶりに復帰
  • 複数のポジションを高いレベルでこなす貴重なタレント
  • 停滞ムードが漂い始めたチームに新たな可能性をもたらす

今夏のコンフェデレーションズカップで左足首を骨折し、長期離脱を強いられていたドルトムントのラファエル・ゲレイロが、10月25日に行われたドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)2回戦で約4カ月ぶりの公式戦出場を果たした。ここ2試合は思わぬ苦戦を強いられているドルトムントにとって、ゲレイロの復帰は停滞ムードを一蹴する起爆剤となりそうだ。

ハイスペックなオールラウンダー

昨夏にドルトムントに加入した23歳のポルトガル代表は、守備的にも攻撃的にも振る舞える飛び抜けた能力の持ち主だ。ボールを自在に操るドリブラーであると同時に、パスやクロスの精度も一級品。シュート力が高く、守備時の競り合いでも強さを発揮する。複数ポジションをこなす選手が当たり前となった現在でも、ゲレイロのように新チームに素早く順応し、サイドバック、ウイング、インサイドハーフ、守備的MFをこれだけ高いレベルでこなす選手は数えるほどだろう。

ドルトムントはペーター・ボス監督の就任以降、一貫して4ー3ー3を採用。中盤の底に位置する守備的MFが4バックをサポートしながら守り、中盤の3枚のうち2人はやや前方にポジションを取る。前線はピエールエメリック・オバメヤンを頂点に、スピードと得点力に優れたアタッカーが両脇を固める形が基本だ。

ボス監督にとってゲレイロはチームの切り札となり得る。21日のアイントラハト・フランクフルト戦ではマルク・バルトラが右サイドバック、ユリアン・ワイグルがセンターバックを担うことになったが、ゲレイロを最終ラインに組み込めばそうした苦肉の策は減少する。また、故障がちなマーセル・シュメルツァーの負担も軽減できるだろう。

ゲレイロの復帰は、中盤の質と量の向上にもつながる。もともと力のある選手はそろっているが、ゲレイロは2列目を担うマリオ・ゲッツェ、ゴンザロ・カストロ、香川真司よりもスピードがあり、シュートに持ち込む能力も高い。クリスティアン・プリシッチやアンドリー・ヤルモレンコ、マクシミリアン・フィリップの代わりにウイングの位置に置くことも可能だ。

© imago / imago/DeFodi

ボス監督のシステムは『Ver.2.0』へ

チームは開幕からの7試合を6勝1分けと圧倒的な強さで駆け抜けたが、第8節のライプツィヒ戦で今季初黒星を喫すると、続く第9節のフランクフルト戦では2点のリードを守り切れずにドローゲームを演じた。この2試合の問題点は対戦相手がドルトムントの戦い方にきっちり対応してきたこと。そういう状況下で、ゲレイロの存在はチームに新たな可能性を生み出すはずだ。

この2試合は用意周到な相手にまんまとやられた格好だが、ボス監督の選択肢が増えた次戦からは、そう簡単に攻略を許すことはないだろう。

© imago / Kirchner-Media