Summary

  • ブンデスリーガ第27節、ケルン対レーバークーゼン
  • 先制ゴールを決めた大迫がMOMに今季初選出
  • チームは25試合ぶりに最下位脱出

ブンデスリーガ第27節ケルンレーバークーゼンで大迫勇也がマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された。フル出場した大迫は9分に先制ゴールを挙げ、ケルンの2ー0の勝利に貢献。ケルンは第3節(9月10日)から最下位に沈んでいたが、順位を一つ上の17位に上げた。

9分、ビッテンクールトのクロスを大迫がゴール前でワントラップし、左足で強烈なシュートを打った。これを相手GKは片手で触れながらも防ぐことはできず、ケルンに先制点が生まれた。

大迫はケルンの総シュート数8本のうち6本に絡み、この試合最多となる3本のシュートを放った。また、この試合最多の30回の競り合いに挑み、その半数を制している。

© gettyimages / Alex Grimm