フル出場の大迫は前線で起点となるもシュトゥットガルト相手に敗戦。ケルンは勝ち点1のまま最下位に沈んでいる - © © imago / DeFodi
フル出場の大迫は前線で起点となるもシュトゥットガルト相手に敗戦。ケルンは勝ち点1のまま最下位に沈んでいる - © © imago / DeFodi
ブンデスリーガ

ケルン早くも今季7敗目、苦境脱せず

ブンデスリーガ第8節初日が10月13日に行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは本拠地で、大迫勇也のケルンと対戦し、2ー1で勝利した。浅野はベンチ入りも出場機会なし、大迫はフル出場している。 シュトゥットガルト 2ー1 ケルン

今季初勝利を目指すケルンが序盤からシュトゥットガルトゴールに迫った。まずは2分、大迫が右MFヨイッチからの折り返しにニアサイドで合わせたが、GKツィーラーにセーブされた。続く5分には右SBクリュンターからのクロスを、大迫がハーフボレーで狙うも、枠を捉えることはできない。

ホームのシュトゥットガルトは11分、この試合最初のチャンスを迎えつつも、その後はなかなか攻撃の形を作ることができなかったが、30分を過ぎたあたりから攻撃陣が覚醒。32分のドニスが放ったシュートを皮切りにチャンスを量産し、そしてついに36分、カウンターからそのドニスが先制ゴールを決めた。

- © imago / Jan Huebner
- © imago / ActionPictures