今冬にフランスのニースからケルンに加入したコジエロ - © © imago
今冬にフランスのニースからケルンに加入したコジエロ - © © imago
ブンデスリーガ

バンサン・コジエロについて知っておきたい5項目

大迫勇也が所属するケルンがニース(フランス)からフランス人MFのバンサン・コジエロを獲得した。母国の年代別代表を経験してきた22歳について知っておきたい5つの項目を紹介する。

1)コートダジュールからライン川へ

コジエロは2013年にニースの下部組織に加入し、2015年にトップチームデビュー。ニースでは公式戦102試合に出場し、かつてブンデスリーガに在籍していたダンテや元イタリア代表のマリオ・バロテッリらとともにプレーしていた。ニースは2015/16シーズンから2季連続で欧州リーグ(EL)出場権を獲得したが、コジエロはレギュラーとしてこれに大きく貢献。しかし、ルシアン・ファブレ監督の下では出場機会が減り、今季はレギュラーの座を失っていた。

2)中盤でひときわ大きく見える168センチ

身長はブンデスリーガのレジェンドであるトーマス・ヘスラーとほぼ同じ168センチ。小柄ながら正確な右足のキックを武器に、セントラルMFとして攻撃的にも守備的にも振る舞うことができる。とりわけ“ボックス・トゥ・ボックス”として8番のポジションでプレーした時は持ち前のスピードと正確なパスで存在感を発揮。課題は得点力で、ニース時代の成績は通算4ゴール8アシストだった。

- © imago
- © imago / PanoramiC