Summary

  • ケルンのルーテンベック監督、U19チームに復帰
  • シュテーガー前監督の後任として昨年12月にトップチーム昇格

大迫勇也が所属するケルンは5月14日、シュテファン・ルーテンベック監督が来季からU19チームの指揮官に復帰することを発表した。

ルーテンベック監督は同クラブ公式HPを通じ、「この半年間、本当に多くの素晴らしい経験をさせてもらいました。昨年から指揮を執り始めたU19チームで再び仕事ができることをうれしく思っています」とコメント。またアーミン・フェーCEOも「シュテファンは非常に難しいシーズンで責任ある立場を引き受けてくれました。我々は本当に感謝しています。彼がこの先もケルンに残ってくれて、うれしく思っています」と語っている。

同監督は昨夏、U19ケルンの監督に就任。ペーター・シュテーガー前監督の解任にともない、12月からはトップチームの指揮官を務めていた。