Summary

  • ズボティッチはこの冬にドルトムントからケルンに移籍
  • 19日のシャルケ戦でホームゲームデビュー
  • シュテーガー監督の戦術にもすぐにフィット

この冬にドルトムントからケルンに加入したネベン・ズボティッチが、2月19日のシャルケ戦(1ー1)で初めてホームのピッチに立った。前節に続いてフル出場を果たしたセルビア人DFに、ホームデビュー戦、そして新チームでのスタートについて話を聞いた。

——シャルケ戦では開始直後にリードを奪われましたが、最終的にはドローに持ち込みました。結果は妥当ですか?

ズボティッチ ハードワークをこなした末の勝ち点獲得だった。もうちょっと運があればあと1点取れていたけど、一晩寝てみて妥当な結果だったと思うよ。手強い相手に大きな成果を挙げるには、あと一歩足りなかった。

——ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)、前節と敗れ、公式戦2連敗中でした。そんな中での勝ち点1はチームにとって力になるのでは?

ズボティッチ 力になるね。どれくらい助けになったかは数字や言葉では表現できないけれど、ここで勝ち点を取れたことで次の試合にも自信を持って臨むことができる。ウチよりも資金力のあるチームを相手にポジティブな面が出せた上に、主導権を握ることもできた。

——この後はアウェーでのライプツィヒ戦、そしてホームでのバイエルン・ミュンヘン戦と厳しいカードが続きます。目標をどこに置いていますか?

ズボティッチ すでに監督が言っているように、その2試合が終わったからあとが楽というわけでもない。どの試合でも力を試されるし、常に1試合1試合集中していかなければならない。そこに向けて、できる限りの準備をするつもりでいる。それはシャルケ戦に向けてもやっていたことで、だからこそいいパフォーマンスが出せた。

© gettyimages / Alex Grimm

——数週間前にケルンに加入したばかりですが、チームにはどのような印象を持っていますか?

ズボティッチ すでに100年ぐらい一緒にやっているような感じだよ(笑)。多くのことがうまく回っている。それは攻撃の素早い切り替えを見れば分かると思う。選手のコース取りもよくて、ボールを受ける前にすでに正しいポジションを取っている。そこは素晴らしいよ。個々のクオリティーと、チームの完成度の高さを示している。

——チームにはどの程度なじみましたか?

ズボティッチ とても居心地がいいよ。ケルンに来てまだ3週間だけど、もう何カ月、何年もいるような感じがする。僕がやりやすいように、そして力を発揮できるように取り計らってくれたチームメート、コーチ陣、ファン、そしてクラブのスタッフには本当に感謝している。満足しているよ。

——ユルゲン・クロップの下、ドルトムントのプレースタイルに慣れ親しんできましたが、ペーター・シュテーガー監督のチームに合わせるためには何が必要ですか?

ズボティッチ どちらの監督も戦う姿勢を重視するという点は共通している。目指すのは、なるべくユニフォームを汚さず“美しい”サッカーをすることじゃない。ボールを失った時にどれだけ早くそこをカバーし、味方を助けるポジションにつけるかどうかだ。シュテーガー監督はそういうサッカー哲学を持っている。

——来季の欧州カップ戦出場という夢がふくらんでいますが、あなた自身は残りのシーズンでどこを見据えていますか?

ズボティッチ サッカーにおいて不可能なんかない。ただ、それを言ったところで何も生まれないので、自分たちのパフォーマンスを日々発揮して勝ち点を重ねていくだけさ。それでシーズンの最後にどこまで届くかだね。

© imago / mika