ハンブルクは前半のうちにセットプレーから効率良く2得点を奪い、敵地ケルン戦で勝ち点3を獲得した - © imago
ハンブルクは前半のうちにセットプレーから効率良く2得点を奪い、敵地ケルン戦で勝ち点3を獲得した - © imago
ブンデスリーガ

ケルンが連敗、ハンブルクは連勝でのスタート

ブンデスリーガ第2節初日が8月25日に行われ、大迫勇也が所属するケルンは本拠地で、酒井高徳のハンブルガーSVと対戦し、1ー3で敗れた。大迫はフル出場も得点はなく、ベンチスタートの酒井は開幕節から連続で出場機会なしに終わっている。 ケルン 1ー3 ハンブルガーSV

最初にビッグチャンスを迎えたのは7分のケルン。大迫が約20mの位置から、ドライブ回転のかかったミドルシュートを放った。しかしマテニアがコースを読み、横っ飛びでブロック。ラインを割らせなかった。

すると28分、左CKのこぼれ球に反応したハーンが、右45度から強烈なグラウンダーシュートを突き刺し、ハンブルクがセットプレーから効率良く先制点を挙げる。

32分にはケルンに再び決定機。バイタルエリアでフリーとなったビッテンクールトが左足を振り抜くも、ボールは左ポストをかすめるように外れていく。

しかしその2分後、コスティッチの蹴った右FKを、ゴール前のコルドバがクリア。だがこれをワルトシュミットに拾われ、ゴール前に縦パスが入ると、最後はウッドが7mの位置から追加点を決める。ハンブルクがまたしてもセットプレーから得点を奪った。

- © imago
- © imago