Summary

  • 降格したケルンが目指すのは1年でのブンデスリーガ復帰
  • ケルンが最速で再昇格を実現するであろう5つの理由を紹介

大迫勇也が所属するケルンが2試合を残してブンデスリーガからの降格を余儀なくされた。通算6度目の2部落ちが決まった古豪にとって、何よりも大事なのは最速でブンデスリーガに復帰することだが、1年での返り咲きは十分に実現可能なノルマだ。そう言える5つの理由を紹介する。

1)クラブを取り巻く強い絆

ドイツ代表DFのヨナス・ヘクターは、残留がほぼ絶望的となった状況でクラブとの契約を2023年まで延長。同じくGKティモ・ホーン、MFマーコ・ヘーガーも残留を表明した。ドイツ代表でレギュラー格のヘクターのような選手が、自らの意志で2部でのプレーを選ぶのは異例のこと。ヘクターは契約延長の際にクラブへの熱い思いを明かしたが、ホーンもヘーガーも他クラブから引く手あまたの中で残留を決めている。

選手の移籍が活発な現代サッカー界では非常に珍しいことだが、ホーンはさらに何人かのチームメートが自分たちに続くはずだと予告している。ケルンのホームゲームでキックオフ前に流れるクラブソングにこんなフレーズがある。「僕らは君とともに歩む。たとえ火の中でも、それが必要なら」だ。今、ケルンの選手やサポーター、クラブの間で頻繁にSNSで使われているのが「火の中」を意味する“#durchetfüer”だ。ケルンを取り巻く絆は苦しい時にこそ強くなる。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

2)最高のサポーター

ケルンは降格決定の瞬間をアウェーのフライブルクで迎えたが、地元から450キロも離れた敵地へと駆けつけたサポーターから試合後に沸き起こったのは、ブーイングではなく大きな拍手だった。ホーンは試合後、インスタグラムに「サッカーでこんな経験をしたことはない! 自分たちが行く道を一緒に歩んでいけることを誇りに思う」と投稿。テレビのインタビューでは、「また(ブンデスリーガに)戻ってくることを今ここで約束する」と宣言した。熱いサポーターの後押しがあれば、復帰への険しい道も乗り越えていけるはずだ。

3)点取り屋も準備OK!!

今季のケルンを悩ませ続けたのが、昨季25得点を挙げたアントニー・モデステの穴をどうやって埋めるかということだった。ブンデスリーガ復帰を見据えた場合、頼れる点取り屋の存在は欠かせないが、クラブは今年1月にすでにシュトゥットガルトからジモン・テロッデを獲得している。2部で2度の得点王に輝いた実績を持つ30歳のストライカーは再昇格の原動力になってくれるだろう。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Schulze

4)アンファング次期監督との新たなスタート

来季からチームの指揮を執るのはマークス・アンファング氏。昨季途中にブンデスリーガ3部のキールの監督に就任し、チームを37年ぶりの2部昇格に導いた指揮官だ。今季のキールは2部ナンバーワンの攻撃力を武器に、第32節を終えて入れ替え戦圏内の3位をキープ。2シーズン連続の昇格を視野に入れている。将来性を高く買われる43歳のアンファング氏の生まれはケルン。地元に強く根差したクラブにとって文句なしの人材と言えそうだ。

© imago

5)戦力充実&スピード復帰の実績

ホーン、ヘクター、テロッデに加え、天性のテクニックを持ったビンセント・コジエロなど、2部を戦っていくには驚くほど戦力が充実している。2部優勝候補の筆頭となるのは間違いないだろう。ケルンは過去5度の降格のうち2度は1年で復帰、それ以外の3度も全て2年目で1部に返り咲いている。これまでの実績は決して偶然ではないはずだ。