Summary

  • DFB杯2回戦最終日、ヘルタ対ケルン
  • ケルンは13試合ぶりに公式戦白星
  • 原口はベンチ入りも出場なし、大迫は77分から出場

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)2回戦最終日が10月25日に行われ、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは、大迫勇也のケルンと本拠地で対戦し、1ー3で敗れた。原口はベンチ入りも出場なし、大迫は77分から途中出場している。

ヘルタ・ベルリン 1ー3 ケルン

立ち上がりにチャンスを迎えたのは4分のケルン。左FKがファーサイドに流れ、これを拾ったビッテンクールトが右からセンタリングを入れると、ゴール前に残っていたハインツが頭で合わせる。しかしボールに力がなく、GKが難なくキャッチした。

ヘルタも15分、正面約25mの位置でFKを獲得し、プラッテンハートが直接狙うも、右ポストのわずかに外へ流れる。さらに21分にも、ペナルティーエリア手前でFKを獲得し、再びプラッテンハートが自ら狙ったが、GKにセーブされてしまった。

すると35分、ケルンがついに均衡を破る。ビッテンクールトが右からシュートを放ち、ペナルティーエリア左のギュラシーが頭でコースを変えると、最後はフリーのツォラーが浮き球をネットに押し込む。

続く43分、ヨイッチの蹴った左からのCKを、ゴール前のマローが右足で追加点。ケルンがリードを2点に広げた。

© gettyimages / McDougall

後半に入ってもなかなか良さを出せないヘルタに対し、ケルンが一瞬の隙を突いて追加点を奪う。65分、カウンターからクレメンスが最終ライン裏にスルーパスを出すと、抜け出したツォラーがループシュート。これは右ポストに嫌われるも、こぼれ球をクレメンスが無人のゴールに押し込んだ。

しかし69分、ヘルタもセットプレーからチャンスをつかむ。左からのCKをプラッテンハートがゴール前に送ると、レキッチが頭で合わせる。このシュートはクロスバーに弾かれるも、跳ね返りをシュタークが頭で決め、ようやくヘルタが1点を返した。

ともに欧州リーグ(EL)など連戦の疲れがあったのか、後半途中から試合のインテンシティは低下。このままスコアに動きはなく、ケルンが8月12日のDFB杯1回戦以来、13試合ぶりの公式戦勝利を飾っている。

© imago / Contrast

【得点】

ヘルタ・ベルリン:シュターク(69分)
ケルン:ツォラー(35分)、マロー(43分)、クレメンス(65分)

【ラインナップ】

ヘルタ・ベルリン(4ー4ー2)
ヤルステイン;ペカリク(59分 ドゥダ)、シュターク、レキク、プラッテンハート;ワイザー、ルステンベルガー(46分 マイヤー)、シェルブレッド、ラザロ;ゼルケ、カルー(59分 イビシェビッチ)

ケルン(4ー4ー2)
T・ホーン;ソーレンセン、マロー、ハインツ、J・ホーン;ビッテンクールト(57分 クレメンス)、 ヨイッチ、エツチャン 、ハントウェアカー(77分 大迫);ツォラー、ギュラシー