前半戦のラストゲームで待望の今季初勝利を挙げたケルン - © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos/Bongarts
前半戦のラストゲームで待望の今季初勝利を挙げたケルン - © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos/Bongarts
ブンデスリーガ

奇跡の残留を目指すケルン

低迷が続くケルンが前半戦ラストゲームでウォルフスブルクに競り勝ち、待望の今季初勝利を挙げた。17位との勝ち点差は9と状況は厳しいが、クラブ関係者は決して残留を諦めていない。

フロントとチームの総意で指揮官の続投が決定

12月19日には年内最後の公式戦となったドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)3回戦でシャルケに敗れたものの、クラブはその翌日に暫定監督のシュテファン・ルーテンベックが今季終了までチームの指揮を執ることを発表。同時にシュトゥットガルトからFWジモン・テロッデを獲得したことを発表した。シーズン後半戦で奇跡を起こすべく、クラブはあらゆる手を尽くしていく姿勢を強調している。

ルーテンベック監督は前任のペーター・シュテーガーの解任に伴い、12月3日にUー19の監督から暫定でトップチームに昇格。当初は前半戦終了まで指揮を執る予定だったが、クラブは残留を懸けた後半戦も引き続き同監督にチームを任せる決断を下した。

アーミン・フェーSDは「ルーテンベック監督とコーチングスタッフの仕事ぶりに信頼を置いている。この難しい状況の中でチームと誠実に向き合い、解決策を見いだしてきた」とコメント。指揮官に対しては選手からもポジティブな声が続出し、チームの一体感が強まっていることが続投の決め手となった。

ルーテンベック監督はクラブの決定に「ケルンで生まれた自分にとって、ここで監督として信頼を寄せられるのは非常に光栄であり、大きなチャンスでもある」と感謝。DFB杯ではシャルケに0ー1で屈したものの、守備に重きを置く戦術で大いに相手を苦しめた。守護神ティモ・ホーンも「この先もルーテンベック監督と一緒にやっていけることになってホッとしている。彼はチームに全力を傾けてくれている」と指揮官の続投を歓迎した。

- © imago / Jan Huebner
- © imago
- © gettyimages / Baron