クローゼ氏はW杯4大会に出場し24試合16得点を記録。歴代通算得点で首位に立っている - © © imago
クローゼ氏はW杯4大会に出場し24試合16得点を記録。歴代通算得点で首位に立っている - © © imago

クローゼ氏がクレムリンへ

12月1日にモスクワのクレムリンで行われるロシア・ワールドカップのグループステージ組み分け抽選会に、元ドイツ代表のミロスラフ・クローゼ氏が優勝トロフィーを持参して出席することが決まった。

クローゼ氏はこれについて「現役を退いた今もなお、ワールドカップの一部でいられることは、私にとって大きな名誉です。ブラジルの地で懸命に戦って手に入れたこのトロフィーを、ロシア、そして全世界にお見せできるのは、特別なことですね」とコメントしている。

ドイツ代表として2002年の日韓ワールドカップから4大会連続でワールドカップに出場したクローゼ氏は、24試合に出場し16ゴールを記録。同大会の歴代通算得点でトップに立っている。