Summary

  • ロシアW杯を戦うブンデスリーガ所属選手をクラブ別に紹介
  • 最多の選出は王者バイエルンの11選手

2017/18シーズンのブンデスリーガはすでに終了したが、今年はシーズンオフもワールドカップを楽しむことができる。ブンデスリーガの各クラブからも数多くの選手たちがロシアに到着。W杯を戦うブンデスリーガの所属選手たちをクラブ別にまとめた。

バイエルン・ミュンヘン

【W杯出場選手】
ジェローム・ボアテング、マッツ・フメルス、ヨシュア・キミッヒ、トーマス・ミュラー、セバスティアン・ルディ、ニクラス・ズューレ、マヌエル・ノイアー(以上ドイツ)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)、コランタン・トリッソ(フランス)、ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド)、ティアゴ・アルカンタラ(スペイン)

王者バイエルンからはブンデスリーガ最多となる11選手が参戦。連覇を目標に掲げる前回王者ドイツの7選手はもちろん、コロンビアのハメスやスペインのティアゴもプレシーズンキャンプへの合流は第2ステージからになるだろう。ブンデスリーガで3度の得点王に輝いているレバンドフスキもこの夏はほどんど休暇がないかもしれない。

© imago

シャルケ

【W杯出場選手】
マルコ・プヤカ(クロアチア)、レオン・ゴレツカ(ドイツ)、アミーヌ・アリ(モロッコ)、ブレール・エンボロ(スイス)

レンタル元のユベントスに復帰するプヤカとバイエルンに移籍するゴレツカはシャルケのサマーキャンプに合流しない。クラブはアリとエンボロがケガなく戻って来ることを願っているはずだ。

ホッフェンハイム

【W杯出場選手】
アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)、シュテフェン・ツバー(スイス)

クロアチアがW杯で躍進できるかどうかは2017/18シーズンにブンデスリーガで13得点を記録したクラマリッチの活躍に懸かっていると言っていい。ブンデスリーガにはスイス代表選手が数多く在籍しているが、ツバーもその一人だ。

ドルトムント

【W杯出場選手】
ミシー・バチュアイ(ベルギー)、香川真司(日本)、ウカシュ・ピシュチェク(ポーランド)、ラファエル・ゲレイロ(ポルトガル)、マヌエル・アカンジ、ローマン・ビュルキ(以上スイス)

バチュアイがプレーするベルギー代表は今大会の優勝候補の一角に挙がっている。また、スイス勢のアカンジとビュルキが上位に進出すれば、ジグナル・イドゥナ・パークでは彼らを称えるスイスの旗が振られることだろう。年齢的に恐らく最後のW杯となるであろう香川とピシュチェクはグループリーグ第3戦で相まみえる。

© gettyimages / Oliver Hardt

レーバークーゼン

【W杯出場選手】
ティン・イェドバイ(クロアチア)、ユリアン・ブラント(ドイツ)

ドイツが決勝進出を果たすことになれば、レーバークーゼンはブラントのコンディションを心配しなくてはならないかもしれない。それでも良い形で大会を終えることができれば、欧州リーグ(EL)に参戦するクラブに大きなモチベーションと熱気をもたらしてくれるはずだ。アルゼンチン、アイスランド、ナイジェリアと同グループに入ったクロアチアのイェドバイには厳しい戦いが待っている。

ライプツィヒ

【W杯出場選手】
ユスフ・パウルゼン(デンマーク)、イボン・ムボゴ(スイス)、ティモ・ウェアナー(ドイツ)、エミル・フォースベルク(スウェーデン)

ライプツィヒにはスウェーデンのフォースベルク、デンマークのパウルゼン、そしてドイツのウェアナーとW杯の舞台でも華々しい活躍をしそうな選手がそろっている。もっとも、EL本戦の出場を懸けた予選が行われるのは、W杯決勝から11日後の7月26日。クラブ関係者は所属選手たちのロシア滞在が長くなりすぎないことを願っているかもしれない。

© imago

シュトゥットガルト

【W杯出場選手】
マリオ・ゴメス(ドイツ)、ベンジャミン・パバール(フランス)

シーズン後半の目覚ましい躍進によって、シュトゥットガルトからゴメスとパバールがW杯の代表に選出された。ゴメスはドイツ攻撃陣の先頭に立ち、パバールはフランスの守備陣を堅く引き締めることだろう。

アイントラハト・フランクフルト

【W杯出場選手】
アンテ・レビッチ(クロアチア)、長谷部誠(日本)、マルコ・ファビアン、カルロス・サルセド(以上メキシコ)、ルカ・ヨビッチ(セルビア)、ジェルソン・フェルナンデス(スイス)

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)王者からは7人がロシアに向かった。ヨビッチのセルビアとフェルナンデスのスイスはグループリーグで対決。ドイツと同じグループFに入ったメキシコのファビアンとサルセドは、ブンデスリーガで見慣れた選手たちと対戦することになる。

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)

【W杯出場選手】
トルガン・アザール(ベルギー)、ヤニック・ベスターガード(デンマーク)、マティアス・ギンター(ドイツ)、ヨジップ・ドリミッチ、ニコ・エルベディ、ヤン・ゾマー、デニス・ザカリア(以上スイス)

クラブが来季の欧州カップ戦出場を逃したことで、スイスの4人を始めとする代表選手たちはロシアでの戦いに専念できそうだ。アザールはスター選手がそろうベルギー攻撃陣の一角として、ベスターガードはデンマークの守備の要としてチームの上位躍進を目指す。

© imago / Chai v.d. Laage

ヘルタ・ベルリン

【W杯出場選手】
マービン・プラッテンハート(ドイツ)、マシュー・レッキー(オーストラリア)

ヘルタからは3選手がロシアに向かった。特にレッキーはオーストラリアのキーマンであり、本大会でも注目すべき選手の一人だ。

ブレーメン

【W杯出場選手】
トーマス・デラネイ(デンマーク)、ミロシュ・ベリコビッチ(セルビア)、ルートビヒ・アウグスティンソン(スウェーデン)

デンマークの司令塔デラネイは、グループリーグでヘルタのレッキー(オーストラリア)と対決。セルビアのベルコビッチはブンデスリーガ勢を数多く擁するスイスと顔を合わせることになる。

アウクスブルク

【W杯出場選手】
アルフレズ・フィンボガソン(アイスランド)、ク・ジャチョル(韓国)

フィンボガソンはW杯初出場のアイスランドを引っ張る存在。ク・ジャチョルも韓国の主軸として活躍が期待されている。

ハノーファー

【W杯出場選手】
サリフ・サネ(セネガル)

サネは来季からシャルケでプレーをすることが決定。一方で日本代表の原口と浅野拓磨の加入が決まったが、残念ながら浅野は最終メンバーの23人から漏れてしまった。

マインツ

【W杯出場選手】
武藤嘉紀(日本)、レオン・バログン(ナイジェリア)

マインツからは武藤が唯一の参戦。プレシーズンのトレーニングは日本代表ストライカー抜きでスタートすることになる。

© gettyimages / Simon Hofmann

フライブルク

【W杯出場選手】
なし

ウォルフスブルク

【W杯出場選手】
クーン・カステールス(ベルギー)、ヤクブ・ブワシュチコフスキ(ポーランド)

グループリーグ突破の可能性が高いベルギーのカステールスとポーランドのブワシュチコフスキはいずれもロシア滞在が長引きそうだ。新たにスポーツディレクターに就任したヨルグ・シュマッケ氏との顔合わせも先延ばしになるだろう。

ハンブルガーSV

【W杯出場選手】
酒井高徳(日本)、フィリップ・コスティッチ(セルビア)、アルビン・エクダル(スウェーデン)

クラブは史上初の降格を強いられたが、チームからは3人がロシア大会に出場。3選手はW杯の舞台で笑顔を取り戻したいと思っているはずだ。

ケルン

【W杯出場選手】
ヨナス・ヘクター(ドイツ)、大迫勇也(日本)

ケルンからのロシア行きは2人。大迫はすでにブレーメンへの移籍が決定しているが、ドイツ代表の一員となったキャプテンのヘクターはクラブへの残留を明言している。来季のスタート時には2部に降格したチームに世界一の称号を手にした選手がいるかもしれない。

© gettyimages / Matthias Hangst

フォルトゥナ・デュッセルドルフ

【W杯出場選手】
宇佐美貴史、原口元気(以上日本)

ブンデスリーガ昇格を決めたデュッセルドルフからは、宇佐美貴史と原口元気の日本代表コンビが選出された。もっとも、原口はすでにハノーファーへの移籍が決定、宇佐美も去就は不透明なだ毛に来季のチーム作りに大きな影響はなさそうだ。

© imago / Sven Simon