Summary

  • 当サイト独語版、シャルケ所属カリジュリに独占インタビュー
  • シャルケは開幕5連敗の後、公式戦3連勝
  • カリジュリ「まだ27試合も残されている」

クラブ史上2度目の開幕5連敗を喫し、今季スタートダッシュに失敗したシャルケ。しかし不運の連鎖もようやく終わり、欧州チャンピオンズリーグ(CL)を含む直近の公式戦は3戦全勝を飾るなど、ようやくエンジンが本格稼働してきた。そこで当サイト独語版はリーグ戦中断期間を利用し、同クラブ主力の一人ダニエル・カリジュリとの独占インタビューを敢行。今季ここまでの流れ、さらには将来の展望などについて語ってもらった。

――開幕5連敗の後、ここまで公式戦3連勝です。最大の難関を越えたという思いでしょうか?

カリジュリ まあそうですね。まだ順位表の下の方にいますが、我々が前進しているのも確かです。とりわけ守備が安定してきましたし、相手にチャンスを与える場面は非常に少なくなってきました。直近3試合をすべて無失点で終えているのが何よりの証拠です。そして攻撃も開幕当初に比べ良くなってきました。先制点を奪えるようになりましたし、昨シーズン見せてきたような、1ー0のまま耐え抜くことができるメンタリティーを我々は持っているのです。今、シャルケは波に乗りかけている状態だと思います。

――今季序盤でチームがうまくいかなかった理由は何だと思いますか?

カリジュリ 序盤は「すべてが悪かったわけではない」と信じていましたが、単に「ポイントだけが欠けている」というわけでもありませんでした。ただ、開幕連敗、さらに3連敗と負けが続き、その次の試合で0ー0の状態が続いてしまうと、失点のことが頭をよぎってしまうものなのです。もしそのことを考えてしまえば、もちろん失点してしまいます。そのようなイメージを頭から切り離さなければなりませんし、我々はようやくその悪い考えを消すことができたのだと思います。

――その時のチームの雰囲気はどのようなものでしたか?

カリジュリ 我々は一丸となっていましたし、チームが持つクオリティーを疑ったことは一度もありませんでした。そして、あの勝てない時期から必ず抜け出せると信じていました。過密日程に突入してから、ようやく正しい方向へ第一歩を踏み出すことができましたね。あとはバスティ(バスティアン・オチプカ)とベンジ(ベンジャミン・スタンブリ)という2人の非常に重要な選手が戻ってくるのを待つだけです。

――あなたはチームの副キャプテンですが、言葉に重みを持つ立場として、どのような振る舞いを心がけているのでしょうか?

カリジュリ 何よりも大事なのは、選手がお互いにサポートし合うことです。中にはあまり出場機会をもらえない選手もいますが、彼らにもしっかりと声をかけること。それが年上の選手に課せられた任務でもあります。

――2017年1月からシャルケでプレーしていますが、これまでリーグ戦の欠場は2試合のみです。

カリジュリ 多くの試合に出場させてもらっていることは、もちろんうれしいです。私を信頼して使ってくれる監督にも大変感謝しています。必要とされれば、どのポジションでも構いません。信頼に報いる働きをしたいと思っています。

――あなた自身もまだ昨季のパフォーマンスにはまだ届いていませんが、それでもドメニコ・テデスコ監督はあなたを起用し続けています。

カリジュリ その通りです。第7節終了時であれば、数回はゴールやアシストなどを記録していたかったのですが…。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

――昨季はシーズン全体で6ゴール10アシストでした…。

カリジュリ フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でようやく、今季初めてゴールに絡めそうなところまでいきました。得点かアシストを記録するのも、もう間もなくだと思います。ちなみに昨季も初得点は第11節でしたし、ゴールに直接関与する回数が増えたのもそれ以降でした。さらに言えば、現在私は4バックの右サイドバックを務めており、3ー5ー2のウイングバックを務めていた昨季よりも、ポジションが1つ後ろに下がっています。このポジションでは、より守備的に動かなければなりません。ただし、プレッシャーは感じていませんし、まずはチームが成功を収めることだけを考えています。誰がゴールを決めるか、誰がアシストするかは、私にはどうでもいいことなんです。

――先日はウェストン・マッケニーが初得点を挙げました。現在20歳の彼ですが、どのような人物ですか?

カリジュリ ウェストンは、多くの人が米国人に対して持つイメージのように、いつもリラックスしていて、どんな時も自然に振舞っています。笑顔を絶やさず、周囲を笑わせることもできる素晴らしい人間です。私は彼のメンタリティーが好きですし、練習でも試合でも常に全力を出し切っています。CLのロコモティフ・モスクワ(ロシア)戦、デュッセルドルフ戦でゴールを決めましたが、ここが彼のスタート地点となるでしょう。もっともっと、我々にとって重要な選手となってくれるに違いありません。

――シャルケの次節の相手はブレーメンですが、ボルシアMGライプツィヒヘルタ・ベルリンなどと並んで上位にいるチームです。今季のタイトル争いは、がぜん分からなくなってきたのでしょうか?

カリジュリ ブンデスリーガではどのチームが勝利しても不思議ではありませんが、今季は特にその傾向が強いのではないでしょうか。バイエルン・ミュンヘンも公式戦4試合未勝利ですし、やや混乱しているようです。タイトル争いの緊張感は、シーズン終盤まで保たれると思います。我々もまずは来季の欧州カップ戦出場権獲得を目指したいです。そのクオリティーは我々にありますし、まだ27試合も残されていますからね。

――最後に、来シーズンはカリジュリ兄弟の対決が見られる可能性もありますよね?

カリジュリ もちろんです!(兄のマルコ・カリジュリがプレーする)フュルトは良い状態ですし、昇格争いを最後まで繰り広げてほしいです。マルコはもう34歳ですし、兄弟対決のチャンスは、あまり多くないでしょう。もしブンデスリーガでそれが実現したら、本当にうれしいですし、マルコも同じ気持ちだと思います。唯一、私たちの両親だけは複雑な気分になるでしょうね(笑)