元ドイツ代表GKでブンデスリーガ・レジェンドのオリバー・カーンが来日を果たし、都内でのメディア・ブリーフィングに出席した。カーンは「Bundesliga Experience, Tokyo 2018」と題した今回のツアーで、12月2日(日)までの3日間にわたって様々なイベントに参加する。

メディア・ブリーフィングでは冒頭にブンデスリーガインターナショナルのマーケティング担当ダニエル・ドナルドソン氏が、ブンデスリーガによるアジア戦略などについて説明。その後はカーンが登壇し、日本との関わりや自身のGK論について語った。

トークセッションの中でブンデスリーガでプレーする日本人選手に質問が及ぶと、「非常に良い選手が来ているし、日本サッカーにとって良い兆候だと思う」と語り、印象的な選手としてドルトムントの香川真司とアイントラハト・フランクフルトの長谷部誠の名前を挙げた。また、近年のブンデスリーガ成功の理由として「選手だけでなく、指導者にも多様性があること」を力説した。

© Shin-ichiro Kaneko

GKになったきっかけについては、「元々なるつもりはなかったが、祖父が誕生日にGKのユニフォームをプレゼントしてくれた。実はそのユニフォームはドイツの伝説的GKで、のちに私のコーチにもなるゼップ・マイヤーのものだった。5歳か6歳だった私は祖父を失望させたくなくて、それを着ることになったんだ(笑)」と興味深いエピソードも披露した。

さらに、2015年に知人とともに立ち上げたGK特化の養成プログラム「Goalplay」についても、その概要を説明。今後2年間はブンデスリーガとタッグを組み、日本をはじめとするアジア諸国やアメリカなどでプログラムを展開していくという。

ブンデスリーガのアンバサダーとしての役割も担うカーンは、日本で実施予定の各イベントでブンデスリーガの魅力を伝えていくだけでなく、ツアー最終日には「Goalplay」所属のコーチ陣によるGKを対象としたクリニックも実施する予定だ。

© Shin-ichiro Kaneko