Summary

  • 今季もオバメヤンとレバンドフスキによる得点王争いに注目
  • 昨季は1ゴール差でオバメヤンが初のリーグ得点王に輝く
  • 得点王争いの前哨戦、ドイツ・スーパーカップで両者が激突

2017/18シーズンの開幕を告げるドイツ・スーパーカップで、リーグ王者バイエルン・ミュンヘンとドイツサッカー連盟カップ覇者のドルトムントがジグナル・イドゥナ・パークで激突する。

両チームの対戦はブンデスリーガが世界に誇るストライカー、ピエールエメリック・オバメヤンとロベルト・レバンドフスキの一騎打ちの再開でもある。昨季はオバメヤンがリーグ戦で31ゴールを挙げ、一昨季のリーグ得点王だったレバンドフスキからその称号を奪った。

得点王に輝いたオバメヤンと2位レバントフスキのゴール数はわずか1点差だったが、両者は数年にわたって続くこの得点王争いを楽しんでいるようだった。昨季の開幕戦ではレバンドフスキがブレーメン相手にハットトリックを達成して最高のスタートを切ると、オバメヤンは「わお!競争が始まった」とツイート。そして翌日にオバメヤンがマインツ戦で2ゴールを挙げると、レバンドフスキも冗談混じりに「3対2」とツイートした。

その後、レバンドフスキは3度のハットトリックを記録するなど順調にゴールを量産。一方のオバメヤンも11月のハンブルガーSV戦で1試合4ゴールの大爆発を見せるなど、ハイレベルな戦いを繰り広げた。昨季はさらにケルンのアントニー・モデステも10月末までに11ゴールを奪う好調ぶりで、得点王争いは三つどもえの様相を呈していった。

オバメヤンは昨年秋に行われたインタビューで、「モデステに少しペースを落としてくれとメッセージを送ったよ(笑)。でも、僕にとってはいいことだ。プレッシャーがあればさらに頑張れるからね。レバンドフスキだけでなくモデステもいる。この状況は気に入っている」と語っていた。

レバンドフスキはドルトムント在籍時代にも4シーズンで131試合74得点という素晴らしい成績を残していたが、オバメヤンは3月始めのレーバークーゼン戦で通算成績を118試合75得点とし、レバンドフスキ超えを達成。また、この日の2ゴールで得点王争いでもレバンドフスキに2点差をつけてランキングのトップに立った。しかし、すでに2度の得点王を経験しているレバンドフスキは、1997/98シーズンのウフル・キルステン(レーバークーゼン)以来となる2年連続得点王を狙っていた。

第33節にはレバンドフスキがライプツィヒ相手に2ゴールを決めてトップに返り咲く。彼が1試合で2得点以上を記録したのはシーズン11度目だった。また、この2ゴールで2年連続の30ゴール到達。これはバイエルンのレジェンド、ゲルト・ミュラーが1970年代半ばに達成して以来の偉業だった。

ところが最終節、フライブルク戦でゴールを奪うことができなかったレバンドフスキに対し、オバメヤンはブレーメン戦で2ゴールをマーク。この結果、オバメヤンが1点差で再逆転し、自身初の得点王に輝いた。オバメヤンの31ゴールのうちPKによる得点は2点のみ。また、シーズン34試合のうち実に22試合で得点を挙げた選手となった。

オバメヤンは試合終了後、「素晴らしい気分だ。チームは3位になって欧州チャンピオンズリーグの出場権を得たし、僕はこのトロフィーを獲得できた。最高だね」とコメントした。1990年代半ばにアイントラハト・フランクフルトのガーナ人ストライカー、アンソニー・イエボアが得点王に輝いて以来、オバメヤンはアフリカ出身選手ではリーグ史上2人目の得点王になった。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

レバンドフスキは最終節終了後、元チームメートでもあるオバメヤンにすぐに祝福のツイートを送った。ただし本人は、バイエルンがあまりにも早く優勝を決めてしまったことが得点王争いに影響したと感じていたに違いない。

もちろん、今季は得点王の座を奪い返すつもりでいるが、オバメヤンとの競争については歓迎している。先月に「オバメヤンがブンデスリーガに残ってくれて良かった」とコメントしていたように、強力なライバルの存在はレバンドフスキにとっても大きなモチベーションになるようだ。

レバンドフスキとオバメヤンはともに28歳。サッカー選手として最も脂が乗った時期を迎えている。また戦いの時はやってきた。2017/18シーズンも両者による得点王争いから目が離せない。

© imago