Summary

  • ウニオン内田、肉離れから1ヵ月ぶりにチーム練習に復帰
  • 11月24日のダルムシュタット戦で5試合ぶりベンチ入りの可能性
  • ブンデスリーガ2部3位のウニオン、ホームでは今季負けなし

ウニオン・ベルリンに所属する内田篤人が11月24日に行われるブンデスリーガ2部第15節のダルムシュタット戦で5試合ぶりにベンチ入りする可能性が出てきた。

内田は10月17日、トレーニング中に左足太ももの肉離れを起こし、離脱していた。しかし、現在は完治しており、先週日曜日(11月19日)からチーム練習に合流している。

ウニオン・ベルリンは現在7勝4分3敗でブンデスリーガ2部の3位。勝ち点5差で宇佐美貴史の所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフとキールを追っている。

今節はホームでの戦いとなるが、今季ホームでは4勝2分と負けなしだ。イェンス・ケラー監督は「我々の力を出すことが重要だ。我々はホーム戦で強いが、引き続きこのデータを更新していきたい。相手がどう出てくるのかを見るのではなく、自分たちのサッカーをし、しっかり集中し、勝利したい」と公式会見でコメントしている。