Summary

  • ウォルフスブルクがスペイン人MFイグナシオ・カマーチョを獲得
  • スペイン代表歴がある27歳。マラガでは主将も務めていた
  • キャリア初のブンデスリーガ参戦に強い意欲

ウォルフスブルクがマラガ(スペイン)からスペイン人MFイグナシオ・カマーチョ(27)を獲得した。マルセイユ(フランス)に移籍したルイス・グスタボの後釜として期待される。

戦術理解力が高く、マラガではキャプテンも務めていたカマーチョの獲得について、ウォルフスブルクのオラフ・レッベSDは、「移籍が決まってとてもうれしい。彼は常にチームのために動くチームプレーヤーで、絶対的なリーダーとして成長してきている」とコメントしている。身長183センチのカマーチョは体の使い方がうまく、天性のリーダーシップを持ち合わせた選手だ。

年代別のスペイン代表で数々のタイトル獲得

サラゴサで生まれ、サラゴサとアトレティコ・マドリードのカンテラで育ったカマーチョは、その才能を早くから見込まれていた。2007年にはUー17欧州選手権で優勝。その翌年にアトレティコでプロデビューを果たした。度重なるケガの影響もあってアトレティコではレギュラーの座を獲得できなかったが、2011年冬にマラガへと移籍すると大きく才能が開花。以降は中盤に欠かせない選手となった。

2013年にはUー21欧州選手権を制し、翌年にドイツ代表との親善試合でA代表デビュー。そんなカマーチョにはプレミアリーグのクラブからも獲得のオファーが届いていたが、最終的にはウォルフスブルクが獲得に成功した。

© imago / Marca

ドイツサッカーに興味津々

カマーチョはブンデスリーガ、そしてウォルフスブルクに好印象を抱いている。「ブンデスリーガはスペインでも高い評価を得ているし、ウォルフスブルクも欧州チャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリードを倒したことで一躍有名になった」。サッカーの違いにも全く抵抗はない様子で、「ドイツのサッカーがどんなものか楽しみだね。戦術や規律を重視する、ドイツ人のメンタリティーを象徴するようなサッカーをずっといいなと思っていたんだ」と話している。

彼の持つ高い戦術理解力と闘争心、そして豊富な経験は、若返りを図るチームにあって貴重な力となり得る。昨季は入れ替え戦の末に残留を決めるという苦しみを味わったウォルフスブルクは、若返りと同時にチームの再建も進めていかなくてはならない。ゲームを組み立て、危険なスペースを消す能力の高いカマーチョは、アンドリース・ヨンカー監督の下で再起を期すチームの中心になれるタレントだ。