フランス、イングランド、ドイツと渡り歩いてきた22歳のベルギー代表、独占インタビュー - © imago
フランス、イングランド、ドイツと渡り歩いてきた22歳のベルギー代表、独占インタビュー - © imago
ブンデスリーガ

オリジ「ここではサッカーが生活に根付いている」

今夏リバブール(イングランド)からウォルフスブルクに期限付きで加入したベルギー代表FWディボック・オリジ(22)は、ここまでブンデスリーガ11試合に出場し、チームトップタイの4ゴールをマークしている。当サイトは同選手に独占インタビューを行い、長く続いたチームの連続引き分けや同じストライカーのマリオ・ゴメスについて、これまで所属した欧州トップリーグの比較などについて聞いた。

ーーオリジ選手、ウォルフスブルクは7試合連続でドローに終わり、もう1試合でブンデスリーガの連続引き分け記録を更新するところでした。しかし、第12節のフライブルク戦でようやく勝利を収めましたね。これまでのキャリアの中で7戦連続引き分けというようなことはありましたか?

オリジ いいえ、このように連続で引き分けるのは初めてでした。複雑な心境でしたよ。大概の場合、勝ち点1を獲得することは悪い結果ではありません。でも、僕たちは試合に勝ちたかったんです。合計しても勝ち点は少な過ぎましたが、チームはまた一歩、成長したと思います。幸運にもフライブルク戦でようやく勝利できましたしね。

ーーこの期間、マーティン・シュミット監督は常にチームに「これは未勝利記録ではなく、不敗記録なんだ。このチームは容易には倒されない」と力強く話していたそうですね。

オリジ その通りです。僕たちにとって難しい状況ではありした。バイエルン(2ー2)とシャルケ(1ー1)、レーバークーゼン(2ー2)とは非常にタフなアウェー戦だった。それでも、これらの試合で自分たちの特長を見せることができたと思います。いくつかの試合では運がわずかに足りませんでしたね。でも、チームはこの引き分けの連続をポジティブに変え、正しい道を見つけることができました。

ーー フライブルク戦で引き分けがストップし、その後は連勝へと切り替えたかったはずです。しかし、次のアウクスブルク戦は11分にDFマクシミリアン・アーノルドが退場したこともあり、1ー2で敗れました。この敗戦については?

オリジ もちろん、アウクスブルク戦は皆ががっかりしました。その週、自分たちは特にハードワークをしていましたし......。サッカーではいつも予想だにしないことが起こり得ます。アウクスブルク戦では早過ぎた退場の対応に追われました 。それでも、この試合から僕たちは多くのことを学ぶことができたと思います。

ーー例えば、どのようなことを学んだのでしょうか?

オリジ この状況下でアウクスブルクのような攻撃的に出てくるチームと対戦することは、大きなチャレンジでした。今後、似たようなチームと対戦することもあるでしょう。アウクスブルク戦は僕たちの成長にとっては役に立ちましたよ。

- © imago

ーーどのような点が良い意味で驚きだったのでしょうか?

オリジ このリーグの“精神”が気に入りましたし、ここではサッカーが生活に根付いていて、素晴らしいファンと素晴らしいスタジアムがある、とでも表現しましょうか。雰囲気は唯一無二のものですし、リーグは素晴らしくオーガナイズされています。これら全てのことに感動しました。

ーーウォルフスブルクでの背番号は「14」ですが、この番号は以前、同じベルギー代表のケビン・デブライネがつけていました。彼の番号を選んだのでしょうか

- © imago