Summary

  • ブンデスリーガ入れ替え戦2ndレグ、ブラウンシュバイク対ウォルフスブルク
  • ビリーニャのゴールでウォルフスブルクが勝利、ブンデスリーガ残留が決定

2016/17シーズンのブンデスリーガ入れ替え戦セカンドレグが5月29日に行われ、ブンデスリーガ16位ウォルフスブルクは敵地で同2部3位ブラウンシュバイクと対戦し、1ー0で勝利した。これによりファーストレグも含めた2戦合計は2ー0となり、ウォルフスブルクのブンデスリーガ残留が決まった。

ブラウンシュバイク 0ー1 ウォルフスブルク

ファーストレグを0ー1で落とし、ブンデスリーガ昇格のためには最低でも2点を奪わなければならないブラウンシュバイクが、序盤から気迫あふれるプレーを見せ、試合を優位に進める。

両チーム最初のチャンスは13分のブラウンシュバイク。右サイド深くまで攻め込むと、オーバーラップしてきたザウアーがグラウンダーセンタリングを入れ、フリーのニーマンがダイレクトで合わせるも、GKカステールスがブロックし、トレッシュがこぼれ球をクリアした。

さらに25分にはCKの流れからライヘルがDFをかわし、左から低い弾道のクロスを放り込むが、走り込んだバルスビクの体勢が悪く、ジャストミートすることはできない。

ウォルフスブルクもようやく34分に決定機を迎える。先発に復帰したサイドアタッカー、ビリーニャがふわりとしたパスを送り、ペナルティーエリア左からゲアハートがシュート。しかしこれはGKフェイジッチがブロックし、CKに逃げている。

その5分後にはマリの蹴った右FKをファーサイドのゲアハートが頭で折り返し、ゴメスが押し込んでボールはネットへ。しかしシュティーラー主審は、ゲアハートがヘディングで合わせる前にザウアーへファウルを犯したと判断。ゴメスのゴールは認められなかった。

© gettyimages / Rose / Bongarts

スコアレスのまま後半に突入すると、開始からわずか4分後、ついに均衡が破れる。右SBトレッシュからのセンタリングをゴール前のマリがトラップし、ドリブルでDFをかわしてシュート。GKにブロックされたものの、こぼれ球をビリーニャが豪快にネット左へ蹴り込み、ウォルフスブルクが貴重なアウェーゴールで先制した。

3ゴールを奪わなければ昇格できないブラウンシュバイクは58分に2人を同時に交代。流れを引き戻すことを試みるが、前がかりになった彼らの背後を突き、ウォルフスブルクが効率の良い攻めを展開する。

66分、ディダビがゴール左へスルーパスを送り、走り込んだゴメスがマイナスのセンタリングを入れるが、惜しくもマリには合わなかった。さらにその1分後には、マリがDF3人をドリブルでかわしペナルティーエリア左に進入。GKと1対1のシーンを迎え股の間を狙ったが、フェイジッチにブロックされてしまう。

すると82分、ゲアハートが左サイドを縦に突破したところ、ザウアーが意図的なファウルでゲアハートを止め、この試合2枚目のイエローカードとなり退場処分を受ける。

10人となったブラウンシュバイクに残り10分で逆転する力は残っておらず、このまま試合は終了。第1戦に続き1ー0で勝利したウォルフスブルクがブンデスリーガ残留を決めた。

© gettyimages / Rose / Bongarts

【得点】

ブラウンシュバイク:なし
ウォルフスブルク:ビリーニャ(49分)

【ラインナップ】

ブラウンシュバイク(4ー2ー3ー1)
フェイジッチ;ザウアー、デカリ、バルスビク、ライヘル;オムラディッチ、ボーラント;ケリフィ(79分 ティーツ)、シェーンフェルト(58分 アブドゥラヒ)、ホッホシャイト(58分 エルナンデス);ニーマン

ウォルフスブルク(4ー2ー3ー1)
カステールス;トレッシュ、クノッヘ、ウォルシャイト、ゲアハート;グスタボ、ギラボギ;ビリーニャ(68分 デジャガ)、ディダビ(78分 アーノルド)、マリ;ゴメス(90分 オシムヘン)