残留か? 昇格か? “ご近所”同士のウォルフスブルクとブラウンシュバイクがプレーオフで激突する
残留か? 昇格か? “ご近所”同士のウォルフスブルクとブラウンシュバイクがプレーオフで激突する
ブンデスリーガ

ウォルフスブルクとブラウンシュバイクの奇妙な関係

5月25日と29日に行われる昇降格プレーオフでウォルフスブルクとブラウンシュバイクが激突する。両クラブは同じニーダーザクセン州の都市をホームとしているが、歴史上、これまではほとんど関わり合うことがなかった。

ほとんど接点がない“ご近所”クラブ

ウォルフスブルクの本拠地フォルクスワーゲン・アレーナとブラウンシュバイクの本拠地アイントラハト・シュターディオンの距離はわずか35kmしか離れていない。しかし、この短い距離の移動は両チームの選手やサポーターにとって決して馴染みのあるものではなかった。

1963年のブンデスリーガ創設以来、公式戦での対戦はわずか10試合。リーグ戦に限れば4試合のみだ。ブンデスリーガの舞台での唯一の対戦は2013/14シーズンで、その時は昇格組のブラウンシュバイクが1勝1分け(A:2ー0、H:1ー1)と勝ち越した。ただ、ウォルフスブルクは2008/09シーズンのブンデスリーガ王者であり、2014/15シーズンには2位の好成績を収めている。一方、ブラウンシュバイクがブンデスリーガでプレーしたのは過去30年でわずか1シーズンだけだ。

- © gettyimages / Joern Pollex/Bongarts/Getty Images
- © imago / imago/Rust
- © gettyimages / Martin Rose/Bongarts/Getty Images