ウィリアムはブラジル代表としてリオデジャネイロ五輪に出場。同代表初の金メダルを獲得に貢献した - © © gettyimages / Lucas Uebel
ウィリアムはブラジル代表としてリオデジャネイロ五輪に出場。同代表初の金メダルを獲得に貢献した - © © gettyimages / Lucas Uebel
ブンデスリーガ

ウォルフスブルクが右SBウィリアムを獲得

ウォルフスブルクは6月15日、インテルナシオナル(ブラジル)から右SBウィリアムを5年契約で獲得したと発表した。

ウォルフスブルクのスポーツディレクター、オラフ・レッベ氏は「我々は長い間、ウィリアムのプレーを注視してきました。若い選手で、成長のポテンシャルを多く秘めています。彼と長期契約を結べたことを本当にうれしく思っています」とコメントしており、加入が決まったウィリアムも同クラブ公式HPを通じ、「ウォルフスブルクでのプレーを楽しみにしています。グラフィッチ、ジョズエ、ディエゴ、ナルドなど多くのビッグプレーヤーが成功を収めたクラブとして、ウォルフスブルクの存在はブラジルでも非常に知られています。早くみんなと顔を合わせ、チームに馴染んでいくことが最初の目標ですね」と話した。

22歳という若さながらインテルナシオナルで公式戦100試合以上に出場したウィリアムは、2016年夏に母国で開催されたリオデジャネイロ五輪にブラジル代表として出場。同国史上初の金メダル獲得に貢献した。