ライプツィヒはウェアナーのゴールを守り抜きマルセイユとの第1戦を1ー0で勝利した - © © imago / Jan Huebner
ライプツィヒはウェアナーのゴールを守り抜きマルセイユとの第1戦を1ー0で勝利した - © © imago / Jan Huebner

EL準々決勝ファーストレグ、ライプツィヒが1ー0勝利

欧州リーグ(EL)準々決勝ファーストレグが4月5日に行われ、ライプツィヒはマルセイユ(フランス)と本拠地で対戦し、1ー0で勝利した。 ライプツィヒ 1ー0 マルセイユ

欧州カップ戦初出場ながらナポリ(イタリア)とゼニト(ロシア)を破るなど、快進撃を続けているライプツィヒ。しかしこの試合最初のチャンスは、彼らの本拠地に乗り込んだマルセイユだった。9分、右からパイェが低い弾道のクロスを入れ、ニアに飛び込んだミトログルがボールに触れてコースを変えたが、これはGKグラシに防がれた。

ライプツィヒも22分、左からのショートコーナーでフォースベルクがDFを振り切りセンタリング。ゴール前のコナテが頭で合わせるも、ボールはクロスバーを越えていく。

- © imago / Jan Huebner
- © imago / Eibner
- © imago / Matthias Koch