Summary

  • ライプツィヒのFWティモ・ウェアナーのインタビュー
  • 昨季のブンデスリーガでドイツ人選手最多の21ゴールを記録
  • ドイツ代表として臨んだコンフェデ杯では得点王に輝く活躍

ドイツ代表の前線のファーストチョイス、コンフェデレーションズカップの得点王、ライプツィヒでリーグ戦21ゴールを記録……。ティモ・ウェアナーが自信過剰になってもおかしくない理由はいくらでもある。だが、実際の彼は慢心とは無縁の人間であり、まだ21歳とは思えない地に足のついた発言は、今後のさらなる飛躍を予感させる。当サイトではウェアナーに独占インタビューを敢行。注目を集めるライプツィヒのこと、欧州チャンピオンズリーグ(CL)への野心、もしサッカー選手になっていなかったら何をしていたかなど、多くの質問に答えてもらった。

――ライプツィヒは非常に若いチームですが、ブンデスリーガの戦いにすぐに順応しました。その要因を説明できますか?

ウェアナー 僕らが順位表の上のほうでシーズンを終えると予想していた人はとても少なかったと思う。でも、ライプツィヒには質の高い選手がそろっていて、チームスピリットもある。ピッチでそれを示すことができれば、何かを達成できると分かっていた。シーズンを通してそれができたと思う。

――クラブが8年前に創設されて以来、ライプツィヒは確実に階段を上がってきました。また2位になれますか?

ウェアナー 毎シーズンそういうことを期待すべきではないと思う。個人的には欧州リーグの出場権すら考えていないよ。今季は3つの大会を戦うから、それを楽しみたい。さっき言っていたように僕らはまだ若いし、チームとして成長していくだろう。でも、2016/17シーズンはもう過去の話だ。成し遂げたことを誇りに思うのはいいけど、成功に満足していては駄目なんだ。

――CLではモナコ(フランス)、ポルト(ポルトガル)、ベシクタシュ(トルコ)と対戦します。もっと悪い組み合わせになる可能性もありましたが、この抽選結果をどう思いますか?

ウェアナー 優勝候補と言われているようなチームと同じ組にならなくて良かったと思う反面、レアル・マドリードやバルセロナと対戦したかったという思いもある。ベルナベウやカンプ・ノウに観光ではなく、選手として行くことができたら最高だろうね。

――決勝トーナメント進出は可能でしょうか? 同グループの相手をどう評価していますか?

ウェアナー イスタンブールは素晴らしい町だよね。スタジアムの雰囲気も最高だし、声援で耳がおかしくなるほどだ。ポルトのサポーターにも同じことが言えると聞いた。モナコは昨季のCLで素晴らしいプレーを見せていたし、パリ・サンジェルマンを押さえてリーグ優勝もしている。それだけでも、どれだけの実力を持ったチームかは分かるよね。簡単な試合はない。ホームの試合に集中しなければいけない。僕らはホームではものすごく力を出せる。バイエルン・ミュンヘンでさえ、僕らのホームでは1点差で勝つのがやっとだったんだ(5月の対戦で4ー5)。ビッグクラブだって破ることができるよ。

――イスタンブールでの試合と比べると、ブンデスリーガの試合も色褪せて見えるでしょうか?

ウェアナー そんなことはない。ブンデスリーガの質の高さは分かっている。世界的に見ても強いリーグだし、小さな差が勝敗を分ける。90%の力では勝てないリーグだよ。

© imago / Jan Huebner

――あなたはまだ21歳ですが、これまでに数多くの記録を作っています。ブンデスリーガ最年少での2得点、ライプツィヒ初のドイツ代表選手、コンフェデ杯の得点王……。これらをどう受け止めていますか?

ウェアナー 記録は名誉ではあるけど、もう終わったことだよ。CLで対戦するDFの中に「あのウェアナーだ! 得点王のウェアナーだ」なんて思う選手はいない。そういうものだよ(笑)。

――そのように地に足が着いているのは誰のおかげですか?

ウェアナー それほど難しいことじゃない。僕はたくさんゴールを決めたからといってうぬぼれるタイプじゃないからね。家族や友だちと一緒にいる時はサッカー選手のティモ・ウェアナーじゃない。どこにでもいる普通の人間なんだ。僕が間違ったことをした時に、家族や友人が何も言えないってこともないしね。

――シュトゥットガルトでプレーしている時に学校を卒業していますね。若いプロ選手の誰もができることではありません。

ウェアナー あれは大変な戦いだったけど、試験に合格できたよ。僕は高校を卒業する前の17歳でシュトゥットガルトと契約した。サッカーだけに専念することもできたけど、母は「学校を卒業してほしい」と強く思っていた。僕自身も学校を卒業しなくていいと思ったことはないし、それは賢いやり方ではないよね。今振り返ってみると、学校の卒業とプロサッカー選手としてのキャリアのスタートを両立できたことは誇りに思う。

――サッカー選手になっていなかったら何をしていたと思いますか?

ウェアナー 分からないな。早くにシュトゥットガルトでプロ選手になったことで、サッカー選手として成功するためにすべてを注ぎ込むようになったからね。ただ、何か予期せぬことが起きた時のために、高校を卒業しておくことは重要だった。引退したらサッカーとは関係ないことをしたい。でも、遠い将来の話だね。今はサッカーとライプツィヒに100%集中している。

――シュトゥットガルトと言えば、今季の古巣はどうでしょうか?

ウェアナー 若いチームという意味では僕らと似ている。野心のある選手がいるし、素晴らしいユースアカデミーのおかげで、財政的にもかなりうまくやっているみたいだ。シュトゥットガルトはいい成績を残せると確信している。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA