Summary

・ライプツィヒFWウェアナー、第11節レーバークーゼン戦後インタビュー

・昇格組のライプツィヒは6連勝で、開幕から無敗

・ブンデスリーガ暫定首位に立った

ライプツィヒの勢いが止まらない。今季ブンデスリーガに昇格した同クラブは第11節、敵地でレーバークーゼンに2-3の逆転勝利を収めた。これで11試合無敗となり、昇格組としてのブンデスリーガ新記録を打ち立てた。また、暫定的ながらクラブ史上初のブンデスリーガ首位に踊り出ている。エースのティモ・ウェアナーがこの試合後、インタビューに応じた。

——ライプツィヒはレーバークーゼンに3-2 の逆転勝利を収め、6連勝しました。順位表の上でも一晩だけになるかもしれませんが、首位に立っています。現在、どのようなお気持ちですか?

ウェアナー 首位に立ったことはとても特別です。チームは限られた数の選手でここまでやってきました。それに6連勝も、しかも対戦相手は強いチームばかりだったし、びっくりマークですね! 僕たちが首位に立っていることは最高ですが、これは日々のハードワークの賜物でもあります。もしかしたら一晩だけかもしれないけれど、それでも僕たちはこれを楽しみたいと思います。

——今節のレーバークーゼン戦では何度も劣勢になりました。開始1分に先制され、追いつきましたが前半終了前に再び勝ち越されました。また、PKも献上したり、プランは狂ったと思います。

ウェアナー 前半はうちのチームがレーバークーゼンのプレーの仕方に手こずっていたのがお分かりになったでしょう。後半に入ってからは、状況が逆転しました。レーバークーゼンが僕たちに手こずっていた。僕たちはみんな、(1-2 の状況で)PKを決められてしまったら、この試合を落とすだろうと思いました。でも、うちのGKがPKを止めました。それを試合をまだ好転できるサインとして受け止めた。そして、見事にやってのけました。

——チャンピオンズリーグ(CL)出場クラブとの対戦はプレテストになったのはないでしょうか?

ウェアナー 僕たちは他のCL出場クラブとも対戦したことがありますし、勝ちましたよ。今シーズンすでにどんな相手にでも、順位や国際大会に出場しているに関わらず、僕たちは勝つことができることを証明してきました。今回のレーバークーゼン戦は試金石になったと思います。クオリティーもそうだし、レーバークーゼンのシステムは僕たちと似ているからです。僕たちの弱みがまだ見て取れることも良いことです。でも、強い意志と闘争心でそれを克服してみせます。

© imago / imago/Eibner

——ウェアナー選手は昨季、シュトゥットガルトで降格を経験しました。それが今季は昇格したばかりのライプツィヒでプレーし、首位に立っています。個人的にこの差をどう受け止めていますか?

ウェアナー それは右足と左足が異なる靴のようです。一方は資金が潤っている。僕はライプツィヒに移籍することができ、とても喜んでいるし、正しい決断をしたと思います。毎試合、そしてチームと自分が成果を挙げるたびに、ここで最善の場所を見つけたことを確信しています。

——第11節終了時点で勝ち点27、しかも無敗です。残留争いの心配をする必要はなさそうですね?

ウェアナー そうならないといいなと願っています。

——ドルトムント対バイエルンの試合がありますが、首位の座に長くいるためにドルトムントの成功を祈りますか?

ウェアナー いえ、そんなことはないです。きっと素晴らしい試合になるでしょうね。みんなが楽しみにしています。ドイツにおける最高の2チームによる対戦です。良かった方が勝つでしょう。ドルトムントが勝ち点を獲得し、僕たちが何日か長く首位でいられるなら最高です。でも、僕たちは次のフライブルク戦でも勝ちたいと思っています。そこでレーバークーゼンとの後半戦のような戦いをすれば、僕たちはまたバイエルンを腹立たせることができるでしょう。

© imago / Eibner

——今シーズン、チームはどのように成長しましたか? また特にどの部分でしょうか?

ウェアナー どの部分で僕たちが成長したか、レーバークーゼン戦で見せた通りです。ホッフェンハイム戦では2-2の引き分けに終わりましたが、きょうは試合をひっくり返すことができた。これが十分な説明になるでしょう。

——レーバークーゼンのルディ・フェラーSDは、最初の失点がオウンゴールではなく自分たちのミスであったならば、GKレノは2-2に追いつかれた得点を通常なら止めていたと言っていました。運も少し影響したでしょうか?

ウェアナー 昇格クラブが第11節を終えて勝ち点27を獲得し、無敗であれば、明らかに運が必要でしょうね。でも、その運は自分たちの働きによるものです。今節の前半はそうではなかったけれど、後半は自分たちの戦い、自分たちの意志、自分たちの試合へと転換させました。それでレノのミスやウィリー・オーバンの素晴らしいヘディングシュートなどが生まれたのです。でも、いくつかの状況でもっと良いプレーができていたら、もっと差をつけて勝つこともできたかもしれません。

——いつになったらシーズン目標は訂正されるのでしょうか?

ウェアナー 僕たちはできるだけ早く、勝ち点40に達したいと思っています。そうなれば、次の目標を定めることができるでしょう。

——次節もアウェーでの試合となります。ホームで強いフライブルクが相手です。

ウェアナー きょうの試合と同じように難しくなると思います。フライブルクは戦いにくるので、プレーするのがとても難しい。彼らはブンデスリーガで珍しいチームです。レーバークーゼン戦とは異なる試合になるでしょうが、僕たちはこの戦いを受けてたちます。